心の傷

離婚は、夫婦の心に深い傷を残します。

配偶者から離婚を切り出された人はもちろん、自ら希望して離婚した人も心に傷を負ったり、離婚を後悔したりすることがあります。

離婚による心の傷は、身体の傷と比較して、傷に気づきにくく、それゆえに放置しやすく、気づいたときには重症化していて治りにくいという特徴があり、こじらせると精神疾患を発症してしまいます。

また、離婚で一番深い傷を負うのは子どもです。

親の都合で離婚紛争に巻き込まれ、父母の一方と強制的に引き離され、住む場所や学校まで変わらざるを得なくなった子どもは、親が想像もできないほど心に傷を負い、成長の過程で様々な影響を受けることになります。

心の傷とは

心の病気と離婚

離婚が子どもに与える影響

ピックアップ記事

  1. 離婚後 選択的共同親権

    選択的共同親権とは?法務省が検討する「離婚後の親権の選択制」の意味

  2. 専業主婦 離婚 準備

    専業主婦の離婚準備:仕事と生活費、親権や年金について分かりやすく解説

  3. 離婚協議書 公正証書

    離婚協議書の書き方:自分で作成する方法と公正証書の作り方(雛型付)

  4. 離婚調停 相手方 準備

    離婚調停の相手方が第1回期日までに準備すること(調停を申し立てられた人用)

ページ上部へ戻る