婚姻費用分担

夫婦には互いに相手を扶養する義務(生活保持義務)があり、その実現として婚姻費用分担義務が課せられています。

婚姻費用は、衣食住にかかる費用、子どもの教育費、医療費、遊興費など婚姻生活の維持にかかる費用全般を含み、婚姻関係が継続する限り負担し合う義務があります。

したがって、夫婦関係が悪化して別居したとしても、離婚が有効に成立するまでは、夫婦のうち収入の多い方が低い方に対して婚姻費用を分担しなければなりません。

夫婦間で婚姻費用分担の合意ができない場合、家庭裁判所に婚姻費用分担請求調停または審判を申し立て、婚姻費用を取り決めることになります。

なお、取り決めた婚姻費用については、事情の変更があれば減額または増額することが認められています。

婚姻費用とは

婚姻費用分担請求調停・審判

婚姻費用の算定

婚姻費用分担請求が請求できる場合

婚姻費用の減額・増額

その他

ピックアップ記事

  1. 離婚後 選択的共同親権

    選択的共同親権とは?法務省が検討する「離婚後の親権の選択制」の意味

  2. 専業主婦 離婚 準備

    専業主婦の離婚準備:仕事と生活費、子どもの親権、年金のことなど

  3. 離婚協議書 公正証書

    離婚協議書を自分で作成:書き方サンプル付き!公正証書の作り方も解説

  4. 離婚調停 相手方 準備

    離婚調停を申し立てられた相手方が調停第1回期日までに準備すること

ページ上部へ戻る