子の引渡し

夫婦関係が悪化した後、夫婦の一方が無断で子どもを連れ去ることがあります。

日本では、母親が子供を連れて別居する「子連れ別居」が横行しており、父親が子の引渡しを求めても、家庭裁判所が「子どもとの関係が良好である。」、「子どもに特段の問題がなく、現状維持が相当である。」として却下するケースが相次いでいました。

近年、ハーグ条約が締結されたことを受け、子どもの違法な連れ去りであることが明らかなケースについては、父親からの子の引渡しが認められるようになりましたが、依然として子連れ別居や違法な連れ去りが後を絶ちません。

そのため、子どもが連れ去られた場合の対応策を把握し、実際に子どもが連れ去られたときに適切かつ迅速に対応できるよう備えておくことが大切です。

子供の違法な連れ去り・子連れ別居

連れ去られた子どもを取り戻す方法

ハーグ条約

ピックアップ記事

  1. 離婚後 選択的共同親権

    選択的共同親権とは?法務省が検討する「離婚後の親権の選択制」の意味

  2. 専業主婦 離婚 準備

    専業主婦の離婚準備:仕事と生活費、親権や年金について分かりやすく解説

  3. 離婚協議書 公正証書

    離婚協議書の書き方:自分で作成する方法と公正証書の作り方(雛型付)

  4. 離婚調停 相手方 準備

    離婚調停の相手方が第1回期日までに準備すること(調停を申し立てられた人用)

ページ上部へ戻る