認知症

高齢化が進む中で認知症の患者数も増加を続けています。

厚生労働省の発表では、65歳以上の認知症高齢者は2012年時点で推計約462万人いるとされ、2025年には700万人を超えるとされています。

こうした状況で、今後はますます、認知症高齢者の支援や認知症治療の重要性が増していくと考えられており、認知症に関する基礎的な知識は持っておいた方が良いでしょう。

また、離婚や遺産分割の当事者が認知症を発症した場合、健常者と同じように手続きを進めることはできず、成年後見制度を利用することになります。

認知症とは

認知症の原因

認知症の症状

認知症の診断

認知症のケア・治療

認知症の支援

認知機能検査

リバースモーゲージ

障害者手帳

障害年金・介護保険

ページ上部へ戻る