離婚

離婚は、法律上の婚姻をした男女が、婚姻を解消する手続きです。

離婚すると、婚姻によって生じた権利義務がなくなり、夫婦であった男女は他人同士に戻ります。

離婚する原因は、性格の不一致、DV、モラハラ、アルコール依存、借金、発達障害など夫婦によって様々です。

協議離婚や調停離婚では、理由に関わらず夫婦が離婚やそれに伴う諸条件に合意すれば離婚が成立します。

しかし、離婚裁判で離婚するには、民法に規定された法定離婚事由が存在することを立証しないと離婚が認められません。

なお、専業主婦や壮年期以降の離婚(熟年離婚)は、離婚後の生活を軌道に乗せるために離婚前から準備しておくことが重要です。

離婚する夫婦

離婚理由

法定離婚事由

裁判離婚のカテゴリーで解説しています。

専業主婦と離婚

熟年離婚

保護命令

法テラス(日本司法支援センター)

離婚が成立する日

ピックアップ記事

  1. セックスレス 離婚
  2. アルコール依存症
  3. 子どもの障害 離婚
  4. カサンドラ症候群 離婚
  5. 離婚 効果 戸籍 氏 姻族関係
  6. 熟年離婚 準備 離婚届
  7. DV 離婚
  8. 借金 離婚
ページ上部へ戻る