裁判離婚

離婚したいと思ったら、まずは夫婦間で離婚やそれに伴う諸条件について話し合い、協議離婚を目指します。

夫婦だけでは合意できない場合、家庭裁判所に離婚調停を申し立て、調停委員会の助言を得ながら夫婦の合意形成を図ります。

そして、夫婦の協議でも離婚調停でも離婚紛争が解決できない場合、最終手段として離婚裁判を起こす方法があります。

離婚裁判は、原告と被告の主張とそれを裏づける証拠資料に基づいて、家庭裁判所が離婚を認めるか否かを判断する手続きであり、離婚紛争について何らかの結論が得られます。

しかし、手続きを円滑かつ思いどおりに進めるには法律的な知識が必要となるため、離婚調停とは違って個人で最後まで手続きを行うのは難しいこともあります。

離婚裁判とは

法定離婚事由

和解離婚

認諾離婚

子どもの福祉(子の利益)

その他

ピックアップ記事

  1. 離婚後 選択的共同親権

    選択的共同親権とは?法務省が検討する「離婚後の親権の選択制」の意味

  2. 専業主婦 離婚 準備

    専業主婦の離婚準備:仕事と生活費、親権や年金について分かりやすく解説

  3. 離婚協議書 公正証書

    離婚協議書の書き方:自分で作成する方法と公正証書の作り方(雛型付)

  4. 離婚調停 相手方 準備

    離婚調停の相手方が第1回期日までに準備すること(調停を申し立てられた人用)

ページ上部へ戻る