成年後見

認知症などの精神上の障害を原因として判断能力が低下すると、離婚をしたり、遺産分割協議に参加したり、土地や不動産を買ったりすることができなくなります。

判断能力の低下した人がこれらの手続きに関わっている場合、成年後見制度を利用して家庭裁判所に後見人などを選任してもらい、後見人などが本人の代わりに手続きを進めることになります。

これが法定後見制度です。

また、判断能力が低下する前に、判断能力が低下した後に備えて「希望する支援の内容と支援者」を決めておく任意後見制度という手続きがあります。

法定後見制度と任意後見制度の2つを合わせて成年後見制度と呼びます。

成年後見制度の種類類型
法定後見制度後見
保佐
補助
任意後見制度

成年後見制度とは

後見開始の申し立て

審判前の保全処分

後見人の解任・終了

任意後見制度

成年後見登記制度

後見制度支援信託

市民後見人

ページ上部へ戻る