親権

親権は、子どもが健全な成長を遂げられるように、子どもを監護養育し、その財産を適切に管理するという親の権利であり義務です。

日本では離婚後単独親権制を採用しており、夫婦の間に未成熟の子どもがいる場合は、離婚時に子どもの親権者を父母の一方に決めなければなりません。

また、離婚時に取り決めた親権者を離婚後に変更する場合、家庭裁判所に親権者変更の調停または審判を申し立てる必要があります。

父母の一方または両方に児童虐待など親権者として不適切な言動や態度がある場合、法律上、親権を制限することが認められており、親権者がいなくなった場合には、子どもの親族などが未成年後見人として親権者の代わりを務めることになります。

親権

親権者指定

親権制限

母親が親権者になれない場合

共同親権

未成年後見

親権者変更

ピックアップ記事

  1. 離婚後 選択的共同親権

    選択的共同親権とは?法務省が検討する「離婚後の親権の選択制」の意味

  2. 専業主婦 離婚 準備

    専業主婦の離婚準備:仕事と生活費、親権や年金について分かりやすく解説

  3. 離婚協議書 公正証書

    離婚協議書の書き方:自分で作成する方法と公正証書の作り方(雛型付)

  4. 離婚調停 相手方 準備

    離婚調停の相手方が第1回期日までに準備すること(調停を申し立てられた人用)

ページ上部へ戻る