現金や預貯金の財産分与!子供名義の預貯金やへそくりは通帳開示可能?

婚姻期間中に夫婦の一方または両方が得た現金や預貯金は、原則として、夫婦の共有財産であり、財産分与の対象となります。

しかし通常は、夫婦がそれぞれ現金や預貯金口座を管理し、定期的に開示しあうことも少ないため、互いに「相手が知らない現金や預貯金」を抱えています。

そして、離婚時の財産分与では、互いに自分が管理する金銭を過少申告して分与額を抑えようとするため、夫婦の共有財産としての現金や預貯金を正しく把握し、分与することは困難なのが実情です。

また、子ども名義の預貯金については、財産分与の対象となる場合とそうでない場合があり、正しく理解していないと余計な紛争を招くことになります。

財産分与の対象となる現金や預貯金

財産分与の対象となるのは、夫婦の共有財産である現金や預貯金です。

夫婦の共有財産については、民法第762条第2項に規定されています。

  1. 夫婦の一方が婚姻前から有する財産及び婚姻中自己の名で得た財産は、その特有財産(夫婦の一方が単独で有する財産をいう。)とする。
  2. 夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は、その共有に属するものと推定する。

(民法第762条)

夫婦の共有財産として財産分与の対象となる現金や預貯金は、「婚姻中の夫婦が協力して形成した財産」です。

例えば、夫婦の一方または双方が得た給与収入やそれを貯金・預金したものが共有財産に当たります。

夫婦の一方が働いてもう一方が専業主婦の場合でも、原則として、夫婦の一方が得た収入は「夫婦の協力が合って得られた」と考えられるため、夫婦の共有財産です。

一方で、民法第762条第1項に規定された特有財産については、財産分与の対象外です。

例えば、婚姻前に働いて貯めた預貯金や、婚姻中に相続した不動産などが特有財産であり、財産分与の対象とはなりません。

ただし、特有財産のうち、婚姻後に夫婦の協力や貢献によって財産の価値が維持・増加した場合には、貢献度に応じて財産分与の対象となることがあります。

関連記事

離婚の財産分与とは?離婚後の時効(期限)と分与対象・性質を解説

現金(へそくりやタンス預金)の財産分与

へそくりとは、個人的に使用できる金銭として、家族に内緒で貯めておくものです。

夫婦の一方または両方が貯めておく金銭ですが、その出どころが夫婦の収入であれば、当然に夫婦の共有財産として財産分与の対象となります。

しかし、「内緒で貯めておく」という性質上、相手に知られていないことが多く、財産分与の対象とならないまま離婚に至ることも少なくありません。

特に、預貯金口座を作らず、いわゆるタンス貯金として現金で貯めていた場合、相手がへそくりに気づくのは難しく、気づいたとしても場所を特定して現認しない限り、財産分与の対象として取り扱うことは困難です。

へそくりが見つかった場合

へそくりが見つかった場合、夫婦の共有財産として財産分与の対象となりますが、必ずしも財産分与の原則どおり2分の1ずつ分与すべきとは限りません。

発見されたへそくりを2分の1ずつ分与するか否かは、出どころによって変わってきます。

例えば、家計を管理する妻が、月々の収入のうち余ったお金の一部を夫に内緒でへそくりしていた場合、月々の収入の中から夫婦が同額の小遣いを支出しているにも関わらず、夫が小遣い以外の金銭をへそくりしていた場合は、当然ながら2分の1ずつ分与されるべきです。

また、夫が給与振込口座を2つに分け、1つを妻に知らせて管理させ、もう一つをへそくり口座として自分が管理していた場合も同じです。

一方で、夫が小遣いの一部をへそくりとして貯めていた場合などは、必ずしも2分の1ずつ分けるべきとは言い切れないでしょう。

ただし、実務上、へそくりの出どころを特定することは困難ですし、へそくりをしていた人は、へそくりが見つかった時点で負い目を感じてしまい、出どころがどこであれ2分の1の分与に応じる傾向があります。

夫婦の一方名義の口座にある預貯金の財産分与

財産分与に関する数ある主張の中でも多いのが、預貯金の分与です。

預貯金口座の名義が夫婦の一方であっても、入っている金銭が夫婦の給与収入などの共有財産であれば、名義に関わらず財産分与の対象となります。

原則として2分の1ずつ分与する

預貯金については、夫婦名義の全ての預貯金口座の残高を合計し、原則として、2分の1ずつ分与します。

金銭の一部が特有財産(夫婦の一方が婚姻前に溜めた金銭)であることが明らかな場合は、特有財産を差し引いた金額が財産分与の対象とまります。

  • 預貯金の財産分与:夫婦名義の全預貯金口座の残高-特有財産
  • 夫婦の取り分:預貯金の財産分与÷2

2分の1にならないことがある

夫婦関係が悪化した状況下では、夫婦が互いに自分の管理する預貯金を過少申告する傾向があります。

また、離婚話が出た段階で、財産分与が争点になることを見越して、生活費の口座から多額の現金を引き出したり個人管理の口座へ移したりする、相手に知られている可能性のある個人管理を解約して新たに別の口座を開設するなどのケースも少なくありません。

そのため、夫婦名義の全ての預貯金口座の残高が明らかにならず、その状態で財産分与をせざる得ない場合もあるのです。

通帳や口座の開示=弁護士会照会制度を利用する

相手が口座を開設している金融機関が分かっている場合、弁護士会照会制度を利用する方法があります。

弁護士会照会制度とは、弁護士会法第23条の2に規定される、弁護士が受任事件に必要な範囲で、所属弁護士会を通して公務所や公私の団体に照会をかけて証拠・資料収集や事実の調査を行う制度です。

弁護士に依頼する場合、弁護士会照会制度によって、金融機関に対して預貯金の有無や履歴を照会させる方法があります。

原則として、照会を利用できるのは離婚紛争を弁護士に依頼する場合であり、少なくとも依頼予定で相談をしていなければなりません。

また、照会に回答するか否かは金融機関の判断で、弁護士会や弁護士は催告はできますが回答の強制はできません。

それでも、個人では入手できないような相手方の財産関係資料を入手することができるので、弁護士に相談・依頼する場合は利用してみてください。

関連記事

弁護士会照会制度とは?相手方の財産や住所を照会できる?

子ども名義の預貯金の財産分与

子ども名義の預貯金が財産分与の対象になるか否かは、預金・貯金されている金銭の出どころによって異なります。

子どもの預貯金の出どころが親の収入以外

例えば、親せきからもらったお年玉、祖父母からもらった小遣い、親の友人からもらった進学祝いなど、親以外の他人から受け取った金銭が子ども名義の預貯金口座に入っている場合は、子ども本人の財産であり、財産分与の対象とはなりません。

また、子ども自身がアルバイトをして稼いだお金についても、当然ですが子ども財産です。

近年、相続税の節税として祖父母から孫への生前贈与が行われることがありますが、贈与された金銭も夫婦が形成した財産ではなく、子どもの財産です。

子どもの預貯金の出どころが親の収入

親の収入が子ども名義の口座に入っている場合は、子どもが自由に引き出せるか否かによって、誰の財産であるかが変わります。

子ども自身が口座通帳やキャッシュカードを管理している(子どもが自由に引き出せる)場合は、子どもの財産です。

一方で、親が管理している(子どもが自由に引き出せない)場合は親の財産とされます。

子どもの預貯金の出どころが親の収入とそれ以外

判例を確認すると、親の収入とそれ以外の金銭が子ども名義の預貯金口座に入っている場合、親の財産とするか子どもの財産とするかの判断が分かれています。

東京地方裁判所平成16年1月28日判決は、子どもの預貯金の出どころが「お年玉と親の収入(将来のために子ども名義で預金)」である事案につき、子どもが自ら預金を管理できないことを理由に、親の財産として財産分与の対象としています。

一方で、東京地方裁判所平成16年3月18日判決は、子どもの預貯金の出どころが「お年玉と親の収入(障害児の将来のための積立金
と、障害児手当)」である事案につき、本来的に子どもに帰属すべき財産として子どもの財産だと判断しています。

>>>「財産分与」の記事一覧に戻る

アバター

離婚ハンドブック編集部

投稿者プロフィール

家事事件(離婚、遺産分割、成年後見など)を専門に取り扱って12年の経験を踏まえ、「離婚ハンドブック」では、離婚に関する制度や手続きについて行政・司法機関よりも詳しく分かりやすく解説しています。
また、マイナンバー、国民年金、税金、養子縁組、青年後見など、日常生活の中で利用する制度や手続きを分かりやすく解説する記事も掲載しています。
サイト上では詳細なプロフィールは明かしておらず、仕事の依頼も受けていません。

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 離婚後 選択的共同親権
    離婚後単独親権に対する問題提起や批判は以前からありましたが、近年、欧米諸国などで採用されている離婚後…
  2. 専業主婦 離婚 準備
    「専業主婦(主夫)だけど離婚したい。でも、離婚後の生活が不安。」、「離婚したいが、専業主婦は離婚後に…
  3. 離婚協議書 公正証書
    協議離婚する場合、離婚することと諸条件について夫婦で話し合い、合意した内容を離婚合意書にまとめた上で…
  4. 離婚調停 相手方 準備
    「ある日突然、見知らぬ住所と差出人の名前が書かれた茶封筒が自宅のポストに届き、中を開けてみると「調停…
  5. 弁護士会照会制度
    離婚紛争を弁護士に依頼すると高額な費用がかかりますが、依頼によって得られるメリットもあります。 …
  6. モラハラ 離婚
    配偶者のモラハラ(モラルハラスメント)を理由に離婚したいと考える人は少なくありません。 しかし…
  7. 離婚調停 成立 調停条項
    離婚調停は、夫婦間で離婚やそれに伴う条件面の合意ができると調停調書が作成され、調停が成立します。 …
  8. 養育費 強制執行 手続き 流れ
    夫婦間で取り決めた養育費が支払われない場合の対応には、履行勧告、履行命令、強制執行があります。 …
  9. 離婚 弁護士費用 相場
    離婚問題を弁護士に依頼する場合にトラブルになりやすいのが、弁護士費用です。 「離婚 弁護士費用…
  10. 離婚調停 弁護士
    「離婚調停で弁護士は必要か」と聞かれたら、弁護士の立場からは「必要です。ぜひご依頼ください!」と答え…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 離婚後 選択的共同親権

    選択的共同親権とは?法務省が検討する「離婚後の親権の選択制」の意味

  2. 専業主婦 離婚 準備

    専業主婦の離婚準備:仕事と生活費、親権や年金について分かりやすく解説

  3. 離婚協議書 公正証書

    離婚協議書の書き方:自分で作成する方法と公正証書の作り方(雛型付)

  4. 離婚調停 相手方 準備

    離婚調停の相手方が第1回期日までに準備すること(調停を申し立てられた人用)

ページ上部へ戻る