認知症の異食、過食、拒食とは?食事の問題の原因と対応・対策は?

異食 拒食 過食
スポンサーリンク

認知症を発症すると過食、拒食、異食など食事に関する症状が出ることがあります。

いずれも、本人の健康に悪影響を与えたり、介護する人を悩ませたりする症状で、原因を把握して適切に対応することが大切です。

この記事では、認知症による異食、過食、拒食の概要、それぞれの違い、原因、対応について解説します。

認知症による異食とは

異食とは、食べ物以外の物を食べようとしたり、実際に食べたりすることです。

異食は、認知症によって記憶力、理解力、判断力などが低下した認知症の周辺症状(BPSD)の一つです。

異食の対象は、ティッシュ、石けん、殺虫剤、花、薬、服のボタン、綿棒、オムツ、便など幅広いものです。

異食をする本人には、危険なことであるという認識や不適切なことをしている感覚はなく、タバコ、殺虫剤、電池など命の危険がある物を口に入れることも珍しくありません。

注意しても異食を止めることはほとんどない一方で、注意した人を怖がったり避けたりするようになることがあり、介護する人を悩ませます。

関連記事

認知症の症状は?中核症状と周辺症状(BPSD)の違いと関係は?

異食の原因

異食の主な原因は、以下のとおりです。

  • 失認
  • 判断力の低下
  • お腹が空いている
  • 不安やストレス

失認とは、外界の刺激をキャッチする五感に異常がないにも関わらず、刺激を正しく認識できない状態です。

例えば、見たことのある物でも、目から入った刺激(情報)と脳内の知識が結びつかず、対象が何であるのか分かりません。

失認の症状が現れると、食べ物以外の物を食べ物だと認識し、口に入れるようになります。

また、認知症の症状が進行すると判断力が低下し、目の前にある物をまず口の中に入れるようになることも珍しくありません。

食べ物以外の物を口に入れやすいのは、お腹が空いている時や不安・ストレスを抱えている時です。

空腹の状態では、お腹が膨れている状態よりも、食べ物だと認識した物を掴んで口に入れやすくなるのです。

また、強い不安やストレスを抱えた状態では周辺症状(BPSD)が酷くなる傾向があるところ、異食の症状も悪化することがあります。

異食への対応

異食を見つけたら、まず、食べた物を口から出させて、確認してください。

タバコ、電池、殺虫剤など人体に悪影響を及ぼす物を口に入れた場合は、すぐ病院を受診させてあげましょう。

危険な物を飲み込んだり、飲み込んだ物は不明だけれど本人の体調が悪くなったりしている場合は、迷わず119番通報してください。

家庭内で対応できると思うかもしれませんが、不適切な対応をして悪化させてしまうリスクが高いものです。

実際、タバコを飲み込んだ本人に大量の水を飲ませる(ニコチンの吸収を促進する)、喉に引っかかったヘアピンを取ろうとして口の中を傷つけるなどのケースは後を絶ちません。

素人判断をせず、医師に任せましょう。

異食の対策

異食対策としては、まず、口に入れると危ない物を本人の近くに置かないことが大切です。

机の上にタバコや小銭を置きっぱなしにする、窓際に植物を飾る、洗濯機の近くに洗剤を置く、部屋の隅に殺虫剤をセットするなど、私たちにとっては危険がほとんどないことでも、認知症の本人が置かれた物を口に入れてしまうリスクがあります。

口に入れると危険な物は、できる限り本人の目や手の届かないところにしまっておきましょう。

また、バランスの良い食事を決まった時間に食べさせることで空腹を感じる機会を減らしたり、本人の希望や要望をできるだけ尊重した関わりをして不安やストレスを和らげたりすることも大切です。

認知症による過食とは

過食とは、異常な食欲を見せて食べ過ぎることです。

認知症を発症した人の中には、食事を食べた直後に空腹を訴えたり、一日に何度も空腹を理由に暴言や暴力に及んだりする人がいます。

1日3回栄養バランスに配慮した食事を準備しているにも関わらず食事を要求され、介護する人としては困ってしまうことが多いものです。

過食の原因

過食の原因は、認知症による記憶力の低下です。

認知症の記憶障害では、直近に体験したこと自体を忘れます(覚えることができません)。

つまり、「食事したこと」を忘れ、「食事をしていないからお腹が空いて仕方ない。」と思い込んで食事を要求し、食べ過ぎてしまうのです。

過食の対応

本人に可食の症状が見られるようになったら、まず、食べ終わった後のお皿を見せて「美味しかったって言ってくれたよね。」などと声をかけ、納得させてあげましょう。

納得しない場合は、「準備しているから、もう少し待っていてね。」と声をかけたり、果物やパンなど小腹を満たせる物を渡したりして対応します。

本人は「食事したこと」を記憶していないので、「さっき食べたばかりでしょう」、「夕食まで我慢して」などと食事を済ませたことを前提に話をしても、納得してもらえません。

むしろ、「食事を与えてもらえない。」、「怖い人だ。」などと悪印象を持たれてしまい、その後の介護が困難になってしまいます。

過食の対策

過食を予防するには、普段から食事をこまめに出す(回数を増やして1回あたりの量を減らす)、量が多くカロリーが少ない献立にするなどの方法が考えられます。

なお、認知症による過食の症状が見られるのは、初期から中期の一時期です。

認知症の症状が進行するにつれ、身体が不自由になって運動力が低下することで食事量は少なくなっていきます。

さらに症状が進み、寝たきりになって嚥下も困難になる頃には、普通に食べることも困難になります。

認知症による拒食とは

拒食とは、食べることを拒否することです。

認知症による拒食では、「食べたばかりなのに、また食べないといけないのか。」、「あなたの作った物は食べたくない。」、「毒が入っているに違いない。」など、様々な理由をつけて食事を拒否します。

また、認知症の症状が進行することにより、食べたいけれど食べられない、または、食事を口に入れたくないという人もいます。

拒食の原因

認知症による拒食の原因は、記憶障害(食事を食べたと思い込むなど)、介護する人との関係の悪さ(特定の人が作った食事を拒否するなど)、妄想(食事に身体に悪い物が入っていると思い込むなど)など個人によって様々です。

また、加齢などに伴う味覚や嗅覚の変化、唾液量の減少、口内の乾燥、入れ歯のかみ合わせの悪さ、嚥下障害などにより、「食べたいけれど食べられない。」、「お腹は空いているけれど、口の中が気持ち悪くて食べたい気分ではない。」という理由から食事を拒否することもあります。

また、食事を食事だと認識できなくなり、「こんな物は食べられない。」と言い出す人もいます。

拒食の対応

まず、本人の言動や普段の様子から拒食の原因を探り、原因を取り除くことが大切です。

例えば、本人が「食事に毒が入っているに違いない。」と思い込んでいる場合、食後に体調を崩したり、強い苦みや辛味を感じる料理を食べたりした経験が原因になっていることがあります。

本人の不安や心配を受け止め、介護する人も一緒に食事をして、食事が安心なものであることを納得させてあげると、拒食の症状が改善していきます。

また、拒食症状は家族など身近な人にだけ見せることが多いため、症状がひどい時は普段関わりの少ない人に食事を提供してもらうと、症状が落ち着くことがあります。

特に、恩師、医師、尊敬する人など、本人が敬意を払う人だと効果が高いものです。

どうしても食事を拒む場合は、1日3食を無理に食べさせようとせず、プリン、ヨーグルト、フルーツ、軽食など本人が食べる物を食べさせてみましょう。

拒食の対策

他の周辺症状への対策でも言えることですが、食べないことを怒ったり批判したりしても効果はありません。

むしろ、「怖い人だ」という印象を持たれてしまい、その後の介護が困難になってしまう傾向があります。

介護者自身がストレスや不満をうまく発散させながら、根気強く症状と向き合うことが大切です。

関連記事

認知症とは?原因と種類、症状、対応、認知症テストと予防まで解説

スポンサーリンク

アバター

離婚ハンドブック編集部

投稿者プロフィール

家事事件(離婚、遺産分割、成年後見など)を専門に取り扱って11年になります。
これまでの実務経験から、当事者自身が離婚に関する知識を得て、自分で考えて判断することが「後悔の少ない離婚」につながるという考えており、その考えに基づいて「離婚ハンドブック」を運営しています。
サイト上では詳細なプロフィールは明かしておらず、仕事の依頼も受けていません。

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 離婚 効果 戸籍 氏 姻族関係
  2. 熟年離婚 準備 離婚届
  3. カサンドラ症候群 離婚
  4. 子どもの障害 離婚
  5. セックスレス 離婚
  6. 借金 離婚
  7. DV 離婚
  8. アルコール依存症
ページ上部へ戻る