寡婦控除とは?条件は年収?控除額は?所得税や住民税の負担が減る?

寡婦手当

寡婦控除は、母子家庭のシングルマザーなどの所得税や住民税の負担を下げる制度です。

所得の低い母子家庭のシングルマザーは、寡婦控除を利用することで所得税を本来支払う金額よりも低く抑えることができます。

しかし、「聞いたことはあるけど、税金のことってややこしそう。」、「何となく手続きが面倒くさそう。」などと敬遠したり、「所得(収入)がいくらなら所得税が免除されるの。」、「私の所得ならいくら減免されるの。」などと関心を持ちながら放置したりしてしまい、払わなくても良い税金を支払って経済的に苦しい生活を送っているシングルマザーが一定数います。

関連記事

離婚後の手続き一覧!離婚後の生活のための姓、戸籍、年金等の手続き!

寡婦控除とは(母子家庭の所得税の免除・減免)

寡婦控除とは、納税者が一般の寡婦である場合に、一定の金額を所得から控除を受けることができる税法上の制度です。

寡婦とは、以下のいずれかに当てはまる女性です。

  • 法律上の婚姻をした夫と死別や離婚をした後に再婚をせず、子どもや扶養親族を養っている
  • 法律上の婚姻をした夫と死別や離婚をした後に再婚をせず、合計所得金額が500万円以下

寡婦控除は、上記の要件を満たす女性の所得から一定の金額を差し引くことにより、税金の負担を軽減させる所得控除の一つです。

なお、後述しますが、寡婦控除の制度には男性を対象とした寡夫控除もあります。

寡婦控除の法的根拠

寡婦控除は、所得税法第81条に規定されています。

1 居住者が寡婦又は寡夫である場合には、その者のその年分の総所得金額、退職所得金額又は山林所得金額から27万円を控除する。

2 前項の規定による控除は、寡婦(寡夫)控除という。

(所得税法第81条)

寡婦控除の種類

寡婦控除には、3つの種類があります。

  • 寡婦控除
  • 寡婦控除(特別の寡婦)
  • 寡夫控除

それぞれに所得控除の条件が設定されており、条件を満たせば一定の金額を所得から差し引くことで税金の負担を減らす所得控除を受けることができます。

寡婦控除

寡婦控除とは、その年の12月31日の時点で以下のいずれかに当てはまる女性が、27万円(住民税は26万円)の所得控除を受けることができる制度です。

  • 法律上の婚姻をした夫と死別または離婚した後に再婚しておらず(または夫が生死不明で)、親きょうだいなどの扶養親族または同一生計の子どもがいる
  • 法律上の婚姻をした夫と死別または離婚した後に再婚しておらず(または夫が生死不明で)、合計所得金額が500万円以下

寡婦控除の子どもとは

寡婦控除の子どもとは、総所得金額が38万円以下で、寡婦控除の請求者以外の控除対象配偶者や扶養親族になっていない子どもに限定されています。

合計所得金額とは

合計所得金額とは、繰越控除をする前の全ての所得を合計した金額です。

年収と勘違いされがちですが、合計所得金額と年収は別物ですので、注意してください。

具体的には、以下の金額の合計金額が合計所得金額です。

  1. 純損失、居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失、特定居住用財産の譲渡損失及び雑損失の繰越控除をしないで計算した総所得金額
  2. 分離短期譲渡所得の金額(特別控除前)
  3. 分離長期譲渡所得の金額(特別控除前)
  4. 分離課税の上場株式等に係る配当所得の金額(上場株式等に係る譲渡損失との損益通算後で、繰越控除の適用前の金額)
  5. 株式等に係る譲渡所得等の金額(上場株式等に係る譲渡損失の繰越控除及び特定株式に係る譲渡損失の繰越控除の特例の適用前の金額)
  6. 先物取引に係る雑所得等の金額(先物取引の差金等決済に係る損失の繰越控除の適用前の金額)
  7. 山林所得額(特別控除後)
  8. 退職所得金額(2分の1後)

給与収入のみの場合、年収から給与所得控除(給与所得者が給料をもらうのにかかる費用の概算、いわゆる「必要経費」を控除すること)を差し引いた金額が合計所得金額です。

つまり、合計所得金額が500万円以下とは、年収が約688万8000円以下の人と考えてください。

寡婦控除(特別の寡婦)

寡婦控除(特別の寡婦)とは、以下の要件を全て満たす寡婦が、通常の寡婦控除27万円に8万円を加算した35万円(住民税は30万円)の所得控除を受けることができる制度です。

  • 法律上の婚姻をした夫と死別または離婚した後に再婚しておらず(または夫が生死不明で)、親きょうだいなどの扶養親族または同一生計の子どもがいる
  • 扶養親族の子どもがいる
  • 合計所得金額が500万円以下

子どもとは、総所得金額が38万円以下で、寡婦控除の請求者以外の控除対象配偶者や扶養親族になっていない子どもです。

合計所得金額とは、繰越控除をする前の全ての所得を合計した金額です。

詳しい解説は、寡婦控除の欄のとおりです。

寡夫控除

寡夫控除とは、その年の12月31日の時点で以下のいずれかに当てはまる男性が、27万円(住民税は26万円)の所得控除を受けることができる制度です。

  • 法律上の婚姻をした妻と死別または離婚した後に再婚しておらず(または妻が生死不明で)、親きょうだいなどの扶養親族または同一生計の子どもがいる
  • 扶養親族の子どもがいる
  • 合計所得金額が500万円以下

子どもとは、総所得金額が38万円以下で、寡婦控除の請求者以外の控除対象配偶者や扶養親族になっていない子どもです。

合計所得金額とは、繰越控除をする前の全ての所得を合計した金額です。

詳しい解説は、寡婦控除の欄のとおりです。

寡婦控除の控除額

寡婦控除は、所得税と住民税にも適用されます。

寡婦控除が適用された場合の所得税と住民税の控除額は、以下のとおりです。

区分 所得税 住民税
寡婦控除 27万円 26万円
寡婦控除(特別の寡婦) 35万円 30万円
寡夫控除 27万円 26万円

関連記事

母子家庭の税金対策!所得税免除(非課税)の年収はいくら?計算方法は?

実際の税負担軽減の程度

寡婦控除は、所得から一定額を差し引く制度であり、控除額=負担が軽減される金額ではありません。

寡婦控除で差し引かれた後の課税所得から、実際に負担する税金額が決まるのです。

寡婦控除が適用されることで軽減される税金額については、以下の計算式で計算することができます。

所得税や住民税の税率は課税される所得金額によって異なりますが、ここでは10%として計算します。

試算であり、その他の控除が適用されることで実際の負担額は変動します。

寡婦控除・寡夫控除

所得税 27万円×0.1(10%)=27,000円
住民税 26万円×0.1(10%)=26,000円

寡夫控除(特別の寡婦)

所得税 35万円×0.1(10%)=35,000円
住民税 30万円×0.1(10%)=30,000円

寡夫控除の留意点

最後に、寡婦控除の留意点について確認しておきましょう。

事実婚(内縁)や未婚では寡婦控除を受けることはできない

事実婚(内縁)とは、実質的には法律上の夫婦と同様の関係にありながら、婚姻の届出をせず法律上の夫婦と認められない状態です。

夫婦生活を成立させる意思がある点は法律婚と同じで、婚姻届を提出・受理されていないという形式面のみが異なります。

男女が単に一緒に住んでいるだけの同棲とは区別されます。

寡婦控除は、法律上の婚姻をした人を対象とした所得控除であり、事実婚(内縁)関係にある男女には適用されません。

また、シングルマザーであっても、「未婚」のシングルマザーも寡婦控除の対象には入っていません。

この点、シングルマザーの経済的な困窮を税金面から援助するという制度の趣旨を踏まえ、所得税の改正を求める声が強まっています。

関連記事

内縁・事実婚とは?メリットとデメリット、証明は?同棲との違いは?

寡婦控除のみなし適用

寡婦控除のみなし適用とは、住民税の計算について、未婚のシングルマザーにも寡婦控除の対象と見なして適用することです。

価値観の多様化に伴って事実婚(内縁)を選択する男女が増え、未婚のシングルマザーも増加傾向にある現状に即して、各自治体が独自に寡婦控除のみなし適用制度を設けています。

また、未婚のシングルマザーの保育料や公営住宅の家賃を軽減する自治体もあり、これらも寡婦控除のみなし適用とされています。

関連記事

シングルマザー・母子家庭の助成・減免・割引一覧!年金や保険料免除は?

参考:No.1170寡婦控除|所得税|国税庁

離婚ハンドブック編集部

投稿者プロフィール

家事事件(離婚、遺産分割、成年後見など)を専門に取り扱って11年になります。
これまでの実務経験から、当事者自身が離婚に関する知識を得て、自分で考えて判断することが「後悔の少ない離婚」につながるという考えており、その考えに基づいて「離婚ハンドブック」を運営しています。
サイト上では詳細なプロフィールは明かしておらず、仕事の依頼も受けていません。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る