認知症の記憶障害とは?記憶障害の種類と症状、対応は?

記憶障害は、認知症の代表的な症状の一つです。

一般的に、「記憶障害=物忘れ」だと思われがちですが、記憶障害には物忘れ以外にもたくさんの種類があります。

この記事では、記憶とは何か、記憶障害の種類と症状、対応について解説します。

記憶とは

記憶とは、外からの刺激(経験)を情報として脳にインプットし、脳内に残しておいて、必要に応じて思い出すことです。

記憶には、短時間だけ覚えておく記憶、長期間保持される記憶、出来事に関する記憶、知識に関する記憶、運動や技術に関する記憶など、様々な種類があります。

※記憶の研究は、心理学、生理学、神経学など様々な学問分野で行われていますが、この記事では、主に心理学の研究結果に基づいて解説します。

記憶の分類

記憶は、主に記憶のプロセス、記憶する期間、記憶の内容によって分類されます。

  • 記憶のプロセスによる分類:記銘、保持、想起
  • 記憶する期間による分類:感覚記憶、短期記憶、長期記憶
  • 既往の内容による分類:陳述記憶(エピソード記憶、意味記憶)、非陳述記憶

記憶の3段階モデル(プロセスによる分類)と記憶障害

記憶の三段階モデル

記憶は、記銘、保持、想起という3つのプロセスに分類され、それぞれの段階で記憶障害が起こります。

記銘

記銘とは、外からの刺激(経験)を感覚器官で知覚し、情報として脳に送ってインプットする段階です。

記銘が障害されると、情報が脳へインプットされないため、脳内に記憶が残らず、思い出すこともできません。

つまり、「経験そのものを覚えていない」という状態です。

認知症を発症すると、新しいことを記銘することが困難になり、経験そのものを忘れてしまう(そもそも情報を脳にインプットしない)ようになります。

保持

保持とは、送られてきた情報を脳内に保存しておく段階です。

記憶は、想起されないままだと時間の経過によって薄れていき、思い出しにくくなります。

また、他の記憶とごちゃ混ぜになって保持している記憶が変容し、元の刺激とは異なる情報が想起されることもあります。

想起

想起とは、脳内に保存された情報にアクセスし、その情報を思い出す段階です。

想起が障害されると、脳内に保存された情報にうまくアクセスできず、思い出すことができなくなります。

一般的な物忘れは、覚えていたことを思い出せなくなるという現象で、想起の段階がうまくいかないことで起こります。

加齢による物忘れで多いのが早期の障害です。

関連記事

認知症の症状は?中核症状と周辺症状(BPSD)の違いと関係は?

記憶する期間と内容による分類と記憶障害

記憶は、記憶する期間によって感覚記憶、短期記憶、長期記憶の3つに分類されています。

また、長期記憶については、記憶の内容によってさらに陳述記憶(エピソード記憶、意味記憶)と非陳述記憶(手続き記憶)に分類されます。

いずれの段階でも記憶障害が起こります。

記憶の分類

感覚記憶

感覚記憶とは、目、鼻、耳などの感覚器官に刺激が入力された時に一瞬だけ保持される記憶です。

感覚記憶のうち、注意が向けられた情報だけが短期記憶に保持され、他の記憶は意識すらされないまま消失します。

感覚記憶が障害されると、そもそも周囲の刺激に気づかず、注意を向けることがなくなります。

短期記憶

短期記憶とは、感覚器官に刺激が入力された後、数秒から数十秒間だけ保持される記憶です。

最近は、作業に必要な間だけ覚えておく記憶という意味で、ワーキングメモリー(作業記憶)と呼ばれることが増えています。

短期記憶は、短時間だけ記憶されるという時間的な制限に加え、短期記憶として一度に保持できる容量にも制限があることが分かっています。

例えば、計算途中の数字を記憶しておいたり、電話番号を確認してダイヤルするまで番号を覚えておいたりして、必要なくなったら忘れるのが短期記憶です。

短期記憶が障害されると、つい先ほどの出来事を覚えておくことができなくなり、また、計算や料理など複数のことを頭の中に留めながら作業することも困難になります。

長期記憶

長期記憶とは、数分間から一生まで長期間にわたって保持される記憶です。

短期記憶と違い、容量制限がないことが特徴です。

なお、神経学上は、記憶を保持する期間が数分から数日程度の近時記憶と、それ以上の遠隔記憶に分類されることもあります。

長期記憶は、記憶の内容によって、エピソード記憶、意味記憶、手続記憶に分類されます。

エピソード記憶

エピソード記憶とは、経験した出来事に関する記憶です。

エピソード記憶は、経験した出来事そのものに加え、時間、空間的文脈、身体や心の状態も記憶しているという特徴があります。

例えば、「昨日は、吉田さんと、ショッピングモールで、買い物をした。」、「朝は、夫と、ホテルで、朝食を食べた。」などの記憶が、エピソード記憶です。

エピソード記憶が障害されると、それまでの経験(エピソード)を忘れてしまいます。

自分のルーツや家族との思い出などをエピソードに付随する情報と一緒に忘れてしまい、話がかみ合わなくなります。

意味記憶

意味記憶とは、物や言葉の意味、対象同士の関係性、社会のルールなどに関する記憶です。

意味記憶は、同じ経験を繰り返し積み重ねることでできあがり、エピソード記憶のように記憶した時間や場所などの情報は残りません。

例えば、キュウリという単語の意味に関する記憶(大きさ、色、形、味、野菜に分類されるという知識など)が、意味記憶です。

意味記憶が障害されると、人や物の名前や意味などを忘れてしまうため、「これ」、「それ」、「あれ」などの指示代名詞が多くなり、会話による意思疎通も難しくなります。

手続記憶

手続記憶とは、学習や練習を繰り返して身につける技術などの記憶です。

手続記憶は、一旦記憶ができると無意識のうちに機能するようになる上、長期間にわたって保持されるという特徴があります。

例えば、サッカーをする、泳ぐ、ギターを弾く、絵を描く、自動車を運転するなどの記憶が、手続き記憶です。

認知症による記憶障害では、手続記憶が失わることはあまりなく、失われたとしても軽度に留まる傾向があります。

認知症による記憶障害の進行

認知症による記憶障害は、まず、近い時期の出来事に関する記憶から障害されていきます。

新しいことを記銘できなくなって、つい先ほどの経験したことを「まるで経験していないかのように」忘れるようになり、症状が進行するにつれて、過去にさかのぼってエピソード記憶や意味記憶が障害されていきます。

手続記憶については比較的維持されますが、加齢による運動機能の低下により、「覚えていても実行できない」ことが増えていきます。

認知症による記憶障害への対応

認知症による記憶障害への対応は、薬物療法による治療と、家族や周囲の人の関わりが重要です。

薬物療法による治療

認知症の記憶障害は進行性であり、症状を完全に治療する方法は見つかっていませんが、薬物療法によって症状の進行を遅らせることはできます。

医師が処方した薬を用法用量を守って正しく使用させてあげましょう。

家族や周囲の人の関わり

認知症の人は、記憶障害の自覚はありません。

周囲と話がかみ合わなくなるにつれて「何となく変だ。」という感覚を抱くようになりますが、自分の認識している世界が周囲の人と違うことには気づかないため、周囲の人が客観的な事実を伝えても受け入れようとしません。

それどころか、「周囲の人が嘘をついている」、「自分をだまそうとしている」、「自分のことを否定された。」などと感じ、被害感や不満を募らせていきます。

そのため、一旦は客観的事実を置いておいて、本人の意見や気持ちを受け止めてあげることが大切です。

また、毎日のスケジュールを紙に書いて目立つ場所に貼っておく、新しいことを覚えてもらうときは何度も繰り返し伝える、身振り手振り、図示など、本人が記憶障害によって日常生活に支障を感じずに済むよう配慮することも欠かせません。

関連記事

認知症とは?原因と種類、症状、対応、認知症テストと予防まで解説

>>>「認知症」の記事一覧に戻る

ページ上部へ戻る