国民年金の口座振替(引落し):手続と依頼書の書き方、前納の割引額は?

国民年金の保険料は、現金、クレジットカードだけでなく、口座振替でも支払うことができます。

口座振替は、直接支払う手間が省けるだけでなく、保険料を前納(前払い)した場合、現金やクレジットカードよりも割引額が大きくなるというメリットもあります。

しかし、「手続きが分からない」という理由で手続きをせず、日本年金機構から届く納付書に従って現金納付を続けている人が少なくありません。

この記事では、国民年金保険料を口座振替(引き落とし)で支払うための申請手続きと、前納(前払い)の割引額について解説します。

国民年金保険料を口座振替(引き落とし)にする方法

国民年金保険料を口座振替(引き落とし)にするには、申出をする必要があります。

申出先(申込先)

国民年金保険料の口座振替手続きは、以下の機関に申出をします。

  • 最寄りの年金事務所の窓口
  • 預貯金口座を開設している金融機関

全国の日本年金機構の窓口を検索⇒【全国の相談・手続き窓口|日本年金機構
国民年金の手続きは市区町村役場で行うものもありますが、保険料の口座振替手続きは年金事務所で行います。

間違えないように注意してください。

必要書類

国民年金保険料の口座振替手続きに必要な書類は、以下のとおりです。

  • 国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書
  • 青色の年金手帳:基礎年金番号が分かる資料
  • 預貯金口座通帳またはキャッシュカード
  • 届出印:通帳に使用している印鑑
  • 本人確認書類:運転免許証、パスポートなど

国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書(依頼書)

日本年金機構のウェブサイトまたは年金事務所の窓口で入手します。

また、預貯金口座を開設した金融機関で交付してもらうこともできるので、金融機関で手続きする場合は便利です。

記入例を参考にすれば10分程度で必要事項をすべて埋めることができますが、悩む場合は空欄にしたまま窓口へ持参し、職員に記入する内容を教えてもらいましょう。

国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書

出典:日本年金機構

青色の年金手帳

基礎年金番号を調べるために必要です。

青色の表紙以外の年金手帳には基礎年金番号が表示されていないので、注意が必要です。

年金手帳が手元にない場合、以下の書類でも基礎年金番号を確認することができます。

  • 基礎年金番号通知書
  • 国民年金保険料の納付書・領収書
  • 年金証書など

関連記事

国民年金の免除:特例免除申請書の書き方を記入例を示して解説

預貯金口座通帳またはキャッシュカード

口座振替をする口座の預貯金通帳またはキャッシュカードを持参する必要があります。

届出印

口座振替をする預貯金口座の届出印が必要です。

「届出印を持参し忘れて手続きができなかった。」という人は多いので、忘れないようにしてください。

届出印が分からない場合は、事前に口座を開設している銀行に確認し、届出印を紛失した場合は、改めて届出をしておきましょう。

本人確認書類

本人確認書類は、顔写真付きの身分証明書なら1点、顔写真付きの身分証明書がない場合は2点、提示する必要があります。

顔写真付きの身分証明書証明書の具体例
あり運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード、療育手帳、身体障碍者手帳、精神障碍者手帳、在留カードなど
なし社員証、健康保険証、生活保護受給者証明証、預貯金口座通帳、年金手帳、介護保険証など

国民年金保険料を前納すると保険料が割引される

国民年金には、保険料をまとめて前払いすることで保険料が割引される「前納」という制度があります。

国民年金の前納制度を利用する場合、「保険料の支払方法」と「前納する期間」によって割引額が変わるので、慎重な検討が必要です。

国民年金保険料を前納する場合の割引額

国民年金保険料の支払方法は、以下の3つです

  • 現金納付
  • クレジットカード納付
  • 口座振替

また、前納できる期間は4つあります。

  • 1ヶ月前納(早割)
  • 6ヶ月前納(4月分~9月分、10月分~翌年3月分)
  • 1年前納(4月分~翌年3月分)
  • 2年前納(4月分~翌々年3月分)

支払方法と前納する期間を組み合わせた場合の割引額については、東大阪市のウェブサイトに分かりやすい一覧表が掲載されています。

国民年金 前納 割引

出典:東大阪市

一覧表を確認すると、支払方法は「口座振替」、前納する期間は「2年前納」の場合に、最も割引額が大きくなることが分かります。

国民年金保険料を前納する期限

口座振替で保険料を前納する場合、事前の申し込みが必要で、支払期日も毎月支払う場合とは異なります。

前納期間申込期限支払期日
2年前納

(4月~翌々年3月分)

2月末日4月末日
1年前納

(4月~翌年3月分)

半年前納

(前期:4月~9月分)

(後期:10月~3月分)

前期:2月末日

後期:8月末日

前期:4月末日

後期:10月末日

当月末振替

(早割)

当月末
翌月末振替翌月末

申込期限を過ぎた場合、口座振替による前納はできず、毎月ごとの支払になります

また、口座残高が不足して振り替えができなかった場合、次回の振り替えまで翌月末振替になってしまいます(割引適用なし)。

関連記事

国民年金:前納割引はクレジットカードが得?2年前納のデメリットは?

家族の国民健康保険料を口座振替で支払う場合の注意点

国民年金保険料を口座振替で前納すると、他の支払方法よりも割引額が大きくなりますし、毎月納付書で支払う手間もなくなります。

そのため、家族全員の保険料を口座振替で支払う家庭も少なくありません。

このときに注意したいのが、口座振替する預貯金口座をどこにするかということです。

結論から言うと、交叉振替する預貯金口座は、家族全員分の保険料を実際に支払う人の預貯金口座を指定するようにしてください。

こうすることで、保険料を支払った人は、支払った国民健康保険料の全額について所得控除を受けることができます。

一方で、家族それぞれの預貯金口座を指定した場合、各人の口座から保険料が引き落とされることになり、実際に保険料を支払った人は自分の分しか所得控除が受けられません。

例えば、会社員の父親が、専業主婦の母親と子供2人の保険料を支払うとします。

このとき、家族4人分の保険料を父親の口座から引き落とされるようにするか、家族それぞれの口座から引き落とされるようにするかによって、父親が所得控除を受けられる範囲が変わります。

振替先に指定する預貯金口座父親が所得控除を受けられる保険料の範囲
父親支払った保険料全額
父親、母親、子供2人父親分で支払った保険料のみ

お金の出どころが父親の給料であることは変わりませんが、誰の口座を指定するかによって所得控除の範囲が大きく変わってしまうのです。

国民年金の口座振替に関するよくある質問

最後に、国民年金を口座振替で支払う場合に気になるポイントについて解説しておきます。

結婚や離婚で氏名や住所が変わった場合

結婚や離婚で氏名や住所が変わった場合、国民年金の登録情報を変更する手続が必要になります。

情報変更内容必要書類
氏名国民年金第1号被保険者になる・被保険者氏名変更届

・年金手帳

・本人確認書類

【提出先】市区町村役場(国民年金担当課)

国民年金第3号被保険者になる・国民年金第3号被保険者該当届

・本人と配偶者の年金手帳

・配偶者の収入で生計を維持していることを証明する書類

・本人確認書類

【提出先】配偶者の勤務先

住所国民年金第1号被保険者になる・被保険者住所変更届

・年金手帳

・本人確認書類

【提出先】市区町村役場(国民年金担当課)

国民年金第3号被保険者になる・被保険者住所変更届

・年金手帳

・本人確認書類

【提出先】配偶者の勤務先

厚生年金加入者(国民年金第2号被保険者)については異なる手続きが必要になります。

口座振替は継続したまま「前納する期間を変更」したい

例えば、「口座振替で2年前納することにしていたが、経済的に厳しい気がするので1年前納に変更したい」という場合です。

国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書に必要事項を記入し、以下の書類と一緒に提出すれば、口座振替のまま前納期間を変更することができます。

  • 年金手帳
  • 預貯金口座通帳またはキャッシュカード
  • 届出印

国民年金の口座振替を解約する

最寄りの年金事務所か、振替口座を開設している金融機関で解約の手続きをする必要があります。

口座振替の解約に必要な書類は、以下のとおりです。

  • 国民年金保険料口座振替辞退申出書
  • 年金手帳
  • 預貯金口座通帳またはキャッシュカード
  • 届出印
アバター

離婚ハンドブック編集部

投稿者プロフィール

家事事件(離婚、遺産分割、成年後見など)を専門に取り扱って12年の経験を踏まえ、「離婚ハンドブック」では、離婚に関する制度や手続きについて行政・司法機関よりも詳しく分かりやすく解説しています。
また、マイナンバー、国民年金、税金、養子縁組、青年後見など、日常生活の中で利用する制度や手続きを分かりやすく解説する記事も掲載しています。
サイト上では詳細なプロフィールは明かしておらず、仕事の依頼も受けていません。

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 離婚後 選択的共同親権
    離婚後単独親権に対する問題提起や批判は以前からありましたが、近年、欧米諸国などで採用されている離婚後…
  2. 専業主婦 離婚 準備
    「専業主婦(主夫)だけど離婚したい。でも、離婚後の生活が不安。」、「離婚したいが、専業主婦は離婚後に…
  3. 離婚協議書 公正証書
    協議離婚する場合、離婚することと諸条件について夫婦で話し合い、合意した内容を離婚合意書にまとめた上で…
  4. 離婚調停 相手方 準備
    「ある日突然、見知らぬ住所と差出人の名前が書かれた茶封筒が自宅のポストに届き、中を開けてみると「調停…
  5. 弁護士会照会制度
    離婚紛争を弁護士に依頼すると高額な費用がかかりますが、依頼によって得られるメリットもあります。 …
  6. モラハラ 離婚
    配偶者のモラハラ(モラルハラスメント)を理由に離婚したいと考える人は少なくありません。 しかし…
  7. 離婚調停 成立 調停条項
    離婚調停は、夫婦間で離婚やそれに伴う条件面の合意ができると調停調書が作成され、調停が成立します。 …
  8. 養育費 強制執行 手続き 流れ
    夫婦間で取り決めた養育費が支払われない場合の対応には、履行勧告、履行命令、強制執行があります。 …
  9. 離婚 弁護士費用 相場
    離婚を弁護士に依頼する場合、注意しなければならないのが弁護士費用です。 「離婚 弁護士費用 相…
  10. 離婚調停 弁護士
    「離婚調停で弁護士は必要か。」と聞かれたら、弁護士としての立場では「必要です。ぜひご依頼ください。」…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 離婚後 選択的共同親権

    選択的共同親権とは?法務省が検討する「離婚後の親権の選択制」の意味

  2. 専業主婦 離婚 準備

    専業主婦の離婚準備:仕事と生活費、子どもの親権、年金のことなど

  3. 離婚協議書 公正証書

    離婚協議書を自分で作成:書き方サンプル付き!公正証書の作り方も解説

  4. 離婚調停 相手方 準備

    離婚調停を申し立てられた相手方が調停第1回期日までに準備すること

ページ上部へ戻る