離婚後に子供の戸籍と苗字を変える手続き:子の氏の変更と入籍届を解説

婚姻時に相手の戸籍に入って苗字(氏)を改めた人は、原則として、離婚すると婚姻中の戸籍から出て、苗字も旧姓(婚姻前の氏)に戻ります。

しかし、父母が離婚しても、子供の戸籍や苗字には変動はありません。

そのため、離婚後に婚姻中の戸籍から出て旧姓に戻った人が子供の親権者になった場合、同居しているにも関わらず子どもとは戸籍が別になり、苗字も異なるという状態になります。

子供と親権者(同居親)の戸籍と姓を同じにするには、家庭裁判所の「子の氏の変更許可」の審判を経て、市区町村役場に「入籍届」を提出する必要があります。

この記事では、離婚後に子供の戸籍と苗字を変える(親と同じにする)手続きについて解説します。

離婚後に子供の戸籍と姓(苗字)を同居親と同じにする手順

離婚後に子供を同居親と同じ戸籍に入れ、姓(苗字)を同じにするには、以下の手順を踏む必要があります。

  1. 離婚が確定するのを待つ
  2. 父母の離婚が記載された戸籍謄本(全部事項証明書)を取得する
  3. 家庭裁判所に「子の氏の変更許可」の審判を申し立てる
  4. 市区町村役場に入籍届を提出する

手順ごとに注意するポイントがあるので、一つひとつ解説していきます。

1.離婚が確定するのを待つ

離婚の方法には、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚の4種類があり、さらに裁判離婚は認諾離婚、和解離婚、判決離婚の3つに分類されます。

協議離婚は、離婚届を提出する方法による離婚です。

調停離婚は、家庭裁判所の調停で離婚する方法で、調停で夫婦が合意した内容に基づいて審判する場合、審判離婚となります。

裁判離婚は、原告の請求を被告が全面的に認めることで離婚となる認諾離婚、和解して離婚となる和解離婚、判決により離婚となる判決離婚があります。

離婚方法によって、離婚が確定する時期が異なります。

離婚の種類確定時期
協議離婚市区町村役場で離婚届が受理された時点
調停離婚調停が成立した時点
審判離婚審判が確定した時点

(審判結果告知日の翌日から2週間)

裁判離婚和解離婚和解内容が証書に記載された時点
認諾離婚認諾内容が調書に記載された時点
判決離婚判決が確定した時点

協議離婚以外の方法で離婚した場合、市区町村役場に離婚届と離婚を証明する資料(調停調書、判決書など)を提出する必要があります。

市区町村役場で届出が受理されるには、離婚が確定している必要があり、どのような事情があっても確定前に受理されることはありません

関連記事

離婚調停とは?調停の期間と流れ、費用から弁護士の要否まで分かりやすく解説

2.父母の離婚が記載された戸籍謄本(全部事項証明書)を取得する

離婚確定後に市区町村役場へ離婚届を提出して受理された後は、戸籍謄本を取得します。

次のステップである「子の氏の変更許可」の審判の申立てに必要な戸籍謄本(全部事項証明書)は、以下のとおりです。

  • 子供の戸籍謄本(戸籍全部事項証明書):1通(父母の離婚や親権者の記載があるもの)
  • 子供を入籍させる予定の戸籍謄本(全部事項証明書):1通(離婚の記載があるもの)

なお、本籍地から離れた地域に住んでいて、子供の入籍届を本籍地以外の市区町村役場に提出する予定がある場合、戸籍謄本は2通取得しておくことをおすすめします。

1通は「子の氏の変更許可」の審判の申立てで家庭裁判所に提出し、もう1通は「入籍届」で市区町村役場に提出する必要があるからです。

2回に分けて取得することもできますが、時間と手間と費用が余分にかかってしまいます。

戸籍謄本は、離婚届提出後すぐには取得できない

離婚届が受理された後、離婚した事実が戸籍謄本に反映されるには1週間~10日程度かかります

特に、本籍地以外の市区町村役場に離婚届を提出した場合、提出先から本籍地に連絡する手間がかかるので、本籍地に提出した場合よりも日数がかかる傾向があります。

また、本籍地以外から戸籍謄本を取り寄せる場合、郵送で請求する必要があるので、請求書を郵送して返送されるまでの日数も余分に必要です。

「子の氏の変更許可の審判」の申立てに期限はありませんが、手続を急ぎたい場合は、本籍地の市区町村役場へ離婚届を提出し、同役場で戸籍謄本を取得してください。

3.家庭裁判所に「子の氏の変更許可」の審判を申し立てる

離婚の事実が記載された戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)を入手したら、次に、家庭裁判所に「子の氏の変更許可」審判を申し立てます。

「子の氏の辺境許可」の審判は、子供が15歳以上であれば子供本人が、15歳未満であれば親権者や未成年後見人が本人を代理して、子供の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てます。

ただし、子供が15歳以上であっても、基本的には親権者などが手続を手伝うことが多いでしょう。

苗字の変更を希望する子供が複数いて、それぞれ住所が異なる場合、子供の1人の住所地を管轄する家庭裁判所にまとめて申し立てることができます。

申立後の流れ

申立書と必要書類・費用を提出して受理されると、家庭裁判所が審理して変更の許否を判断します。

子が親と同じ氏を称することは、民法第791条で認められた権利なので、子供が親権者の父または母と同居または同居予定であれば、原則として、許可されます。

審理期間は10日程度で、審判結果は、申立人宛に審判書謄本が郵送される方法により告知されます。

標準的な審理期間10日間と郵送にかかる日数を考慮すると、申立てが受理されてからおおむね2週間で審判結果が届きます。

ただし、申立書の不備や必要書類の不足などがある場合、訂正や追完をした時期によって結果が届く時期が変わります。

子の氏の変更許可審判の申立て方法については、関連記事で詳しく解説しています。

関連記事

子の氏の変更許可審判とは?申立書の書き方と郵送方法、日数・期間は?

子供を引き取った非親権者が子の姓の変更を希望する場合

「子の氏の変更許可」の審判を申し立てることができるのは、子供本人、または、親権者など子供の法定代理人です。

子供を引き取って監護養育していたとしても、非親権者は申し立てることはできないのです。

非親権者が子の姓の変更を希望するには、以下の方法があります。

  • 親権者に「子の氏の変更許可」の審判の申立てを依頼する
  • 子供が15歳以上になるのを待ち、子供自身に申し立てさせる
  • 調停や審判で子供の親権者になった上で審判を申し立てる

なお、調停や審判で子供の親権者を変更するには、変更することが子の利益(子供の福祉)に資する必要があり、家庭裁判所が父や母、子供、その親族などの調査をした上で判断します。

数ヶ月単位の時間と関係者の労力がかかる手続ですし、調査の結果、変更が認められないことも少なくありません。

関連記事

親権者変更調停・審判手続きの流れと期間は?子どもの意思の重要度は?

4.市区町村役場に「入籍届」を提出する

「子の氏の変更許可」の審判が許可された場合、審判書が届いた日の翌日から2週間で審判が確定します。

しかし、審判は「子供の苗字を変えることを許可する」という内容に過ぎず、審判が確定しても子供の苗字や戸籍に変動はありません

子供を同居親と同じ戸籍に入れるには、審判確定後、市区町村役場で子供を親権者(同居者)の戸籍に入籍させるための「入籍届」が必要です。

届け出の方法

子供が15歳未満であれば、子供の親権者や未成年後見人などの法定代理人、15歳以上であれば子供本人が届け出ます

届け出を行うのは、子供の本籍地または届出人の所在地(住所地または一時滞在地)の市区町村役場です。

子供の本籍地に届け出る場合、市区町村役場に備え置かれた入籍届に必要事項を記載し、審判書の謄本、子供が入籍予定の戸籍の謄本、認印、身分証明書を持参して届出します。

子供の本籍地以外に届け出る場合、上記に加えて子供の戸籍謄本を提出する必要があります。

なお、審判書を作成せず、申立書の余白に申立てを許可する旨の主文を記載して押印する運用をする家庭裁判所もありますが、入籍届を行う場合は審判書の謄本と同じものとして取り扱われています。

複数の子供を入籍させる場合、子供一人につき1枚の入籍届を行わなければなりません。

入籍届が受理されると、1週間~10日程度で親権者(同居者)の戸籍に子供が入籍し、子供の姓も変更されます。

アバター

離婚ハンドブック編集部

投稿者プロフィール

家事事件(離婚、遺産分割、成年後見など)を専門に取り扱って12年の経験を踏まえ、「離婚ハンドブック」では、離婚に関する制度や手続きについて行政・司法機関よりも詳しく分かりやすく解説しています。
また、マイナンバー、国民年金、税金、養子縁組、青年後見など、日常生活の中で利用する制度や手続きを分かりやすく解説する記事も掲載しています。
サイト上では詳細なプロフィールは明かしておらず、仕事の依頼も受けていません。

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 離婚後 選択的共同親権
    離婚後単独親権に対する問題提起や批判は以前からありましたが、近年、欧米諸国などで採用されている離婚後…
  2. 専業主婦 離婚 準備
    「専業主婦(主夫)だけど離婚したい。でも、離婚後の生活が不安。」、「離婚したいが、専業主婦は離婚後に…
  3. 離婚協議書 公正証書
    協議離婚する場合、離婚することと諸条件について夫婦で話し合い、合意した内容を離婚合意書にまとめた上で…
  4. 離婚調停 相手方 準備
    「ある日突然、見知らぬ住所と差出人の名前が書かれた茶封筒が自宅のポストに届き、中を開けてみると「調停…
  5. 弁護士会照会制度
    離婚紛争を弁護士に依頼すると高額な費用がかかりますが、依頼によって得られるメリットもあります。 …
  6. モラハラ 離婚
    配偶者のモラハラ(モラルハラスメント)を理由に離婚したいと考える人は少なくありません。 しかし…
  7. 離婚調停 成立 調停条項
    離婚調停は、夫婦間で離婚やそれに伴う条件面の合意ができると調停調書が作成され、調停が成立します。 …
  8. 養育費 強制執行 手続き 流れ
    夫婦間で取り決めた養育費が支払われない場合の対応には、履行勧告、履行命令、強制執行があります。 …
  9. 離婚 弁護士費用 相場
    離婚問題を弁護士に依頼する場合にトラブルになりやすいのが、弁護士費用です。 「離婚 弁護士費用…
  10. 離婚調停 弁護士
    「離婚調停で弁護士は必要か」と聞かれたら、弁護士の立場からは「必要です。ぜひご依頼ください!」と答え…

スポンサーリンク

すもブロ

ピックアップ記事

  1. 離婚後 選択的共同親権

    選択的共同親権とは?法務省が検討する「離婚後の親権の選択制」の意味

  2. 専業主婦 離婚 準備

    専業主婦の離婚準備:仕事と生活費、親権や年金について分かりやすく解説

  3. 離婚協議書 公正証書

    離婚協議書の書き方:自分で作成する方法と公正証書の作り方(雛型付)

  4. 離婚調停 相手方 準備

    離婚調停の相手方が第1回期日までに準備すること(調停を申し立てられた人用)

ページ上部へ戻る