まだら認知症とは?症状と進行速度は?薬の治療で改善する?

まだら認知症
スポンサーリンク

まだら認知症を知っていますか?

まだら認知症は、アルツハイマー型認知症や脳血管性認知症などと同じ認知症の「種類」だと思われがちですが、実は、認知症の症状の一つです。

この記事では、まだら認知症の概要、症状、原因、治療、予防方法について解説します。

まだら認知症とは

まだら認知症とは、脳血管性認知症に見られる症状の一つで、認知機能が正常に保たれているところと、低下したところが混在した状態のことです。

認知症の約60%を占めるアルツハイマー型認知症の場合、記憶、見当識、判断力・理解力、実行機能などの認知機能全般が徐々に障害されていきます。

一方で、脳血管性認知症の場合、原因となる脳血管障害(くも膜下出血・脳内出血などの脳出血や、脳血栓・脳塞栓などの脳梗塞)が起きた脳の部位によって障害される認知機能が異なり、障害された部位以外が司る認知機能は正常に保たれています。

つまり、正常に保たれている認知機能と障害されている認知機能が「まだら模様」のように混在しており、その状態をまだら認知症と呼んでいるのです。

まだら認知症とまだらボケ

まだら認知症は、認知症という言葉が社会一般に浸透する以前は「まだらボケ」と呼ばれていました。

現在は、認知症の症状の一つとして「まだら認知症」と呼ばれる機会が多くなりましたが、まだらボケといっても通用します。

まだら認知症という認知症はない

「まだら認知症」という名称から、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症などと同じく認知症の種類の一つだと勘違いされがちです。

しかし、まだら認知症は、主に脳血管性認知症に見られる症状の一つであり、認知症の種類ではありません。

関連記事

認知症の症状は?中核症状と周辺症状(BPSD)の違いと関係は?

まだら認知症の症状と進行速度

まだら認知症の症状は、脳血管性障害によって障害された脳の部位によって異なります。

例えば、記憶を司る脳の部位で脳出血や脳梗塞が起きて記憶障害が生じた一方で、理解力や判断力を司る脳の部位は障害を受けず正常に保たれていることがあります。

アルツハイマー型認知症の場合、記憶障害、見当識障害、判断力や理解力の低下など認知機能全般が徐々にそして確実に進行していくため、物忘れがひどくなると受け答えもおかしくなります。

しかし、脳血管性認知症の場合、「ついさっき昼食を食べたことを忘れるのに、受け答えはしっかりしている。」ということがあるのです。

症状は急に現れる

まだら認知症の症状は、アルツハイマー型認知症のように徐々に現れてくるのではなく、脳出血や脳梗塞が起こったときから急に症状が現れます。

障害の程度によっては表面上は症状がないこともありますが、適切な治療を受けず放置すると、あるとき急に症状が現れて危険な状態に陥ってしまいます。

症状の変動がある

まだら認知症の症状は、脳血管性認知症の他の症状と同じく、症状の変動が大きいのが特徴です。

一日の間でも症状がひどい時間帯と改善する時間帯がある、数日おきに症状が悪くなったり良くなったりするなど、症状が悪化と緩解を繰り返します。

例えば、「朝は自力で着替えられなかったのに、夜は着替えられる」ことがあります。

同じことが時間帯や日によってできるときとできないときがある、つまり、症状の現れ方も「まだら」なのです。

症状の進行速度

まだら認知症の症状は、原因となる脳血管障害の治療を受けることで改善が見込めます。

一方で、症状を放置すると悪化と緩解を繰り返し、何かのきっかけで急激に症状が悪化することがあります。

身体症状が現れることもある

まだら認知症の症状と一緒に、身体症状が現れることもあります。

例えば、頭痛、めまい、立ちくらみ、耳鳴り、手足の痺れ、言葉が出にくい、ろれつが回らない、飲み込みにくい、よくつまづくなどの症状が現れます。

また、無気力になる、夜間せん妄、感情失禁などの症状が現れる人もいます。

まだら認知症の原因

まだら認知症(脳血管性認知症の症状)の原因は、脳出血や脳梗塞などの脳血管障害です。

脳血管障害では、脳のある部位が障害されて血流が悪くなり、その部位が司る認知機能が障害されますが、障害されなかった部位は正常に保たれています。

そのため、障害された部位が司る認知機能のみ障害が現れ、その他の部位が司る認知機能は正常なままという、認知機能の「まだら」状態が生じます。

また、日や時間帯などによって障害された部位の血流も微妙に変化するため、数日単位の症状の変化や日内変動が起こります。

まだら認知症に伴う身体症状も脳血管障害によって起こるもので、障害された脳の部位によって現れる症状や頻度などが異なります。

脳出血や脳梗塞がないまだら認知症

通常、脳血管性認知症は脳出血や脳梗塞などの脳血管障害によって発症し、まだら認知症もそうした障害が原因として起こりますが、大きな脳出血や脳梗塞がないのに、まだら認知症の症状が現れることがあります。

高齢になるにつれて、自覚症状のないごく小さな脳梗塞や脳出血(無症候性脳梗塞、隠れ脳梗塞)が起こることがあり、それがまだら認知症を引き起こすことがあるのです。

無症候性脳梗塞の多くは、脳深部の細い動脈にできる小さなラクナ梗塞(直径15mm未満)で、頭部CTやMRI検査で見つかっても、何の症状もなく経過観察となることも少なくありません。

しかし、ラクナ梗塞が増加すると梗塞ができたところの血流が悪化し、まだら認知症の症状が現れることがあります。

また、ラクナ梗塞を放置すると大きな脳梗塞が起こるリスクが高くなり、また、ラクナ梗塞がある人はラクナ梗塞がない人に比べて脳梗塞や脳出血のリスクが高くなるという研究結果が発表されています。

まだら認知症の治療と対応

まだら認知症を完治させる治療法は見つかっていません。

まだら認知症が見つかったら、まず、原因となった脳出血や脳梗塞などの脳血管障害を治療し、再発を防ぐことが大切です。

脳血管障害の治療は、手術療法、薬物療法、非薬物療法(リハビリテーション療法)が組み合わせて行われます。

まだら認知症への対応

まだら認知症の症状がある人への対応で大切なのは、「できることと、できないことがある」、「できるときと、できないときがある」ことを家族や支援者が理解し、本人の状態を見ながら臨機応変に接することです。

本人ができないことは援助し、できないときも手を貸しますが、全てやってあげるとかえって自発性が損なわれ、認知機能や身体機能も低下してしまいます。

本人ができることは自分でやるように促し、また、できるときは自力でやらせることを心がけましょう。

介護サービスなどの利用について悩む場合は、地域包括支援センターなどに相談してください。

関連記事

地域包括支援センターとは?配置される職員、業務の内容、利用方法は?

まだら認知症の予防

まだら認知症の主な予防法は、以下のとおりです。

  • 血圧管理
  • 食生活の改善
  • 十分な水分補給
  • 適度な運動
  • 禁煙

脳血管障害やラクナ梗塞の原因として注意したいのが血圧です。

日頃からこまめに血圧を測る習慣をつけておき、異常があればすぐ病院を受診することが大切です。

食生活においても、血圧上昇の原因となる塩分の取り過ぎには注意してください。

乳製品に含まれるカルシウムには脳血管障害を予防する効果があるとされており、積極的に摂取することも大切です。

また、十分に水分を摂取していないとラクナ梗塞になりやすいという研究結果が発表されており、こまめな水分補給を心がけてください。

加えて、適度な運動は血圧を下げるとともに血管への負担を減らす効果があるため、無理のない範囲で運動をする習慣をつけることもまだら認知症予防に効果を発揮します。

タバコが動脈硬化のリスク要因であることはよく知られており、禁煙することもまだら認知症の予防になります。

認知症高齢者の中には、血圧管理、食生活の改善、水分補給、運動、禁煙などを自力で行うことが難しい人もいるため、家族や支援者の働きかけが重要です。

関連記事

認知症とは?原因と種類、症状、対応、認知症テストと予防まで解説

スポンサーリンク

アバター

離婚ハンドブック編集部

投稿者プロフィール

家事事件(離婚、遺産分割、成年後見など)を専門に取り扱って11年になります。
これまでの実務経験から、当事者自身が離婚に関する知識を得て、自分で考えて判断することが「後悔の少ない離婚」につながるという考えており、その考えに基づいて「離婚ハンドブック」を運営しています。
サイト上では詳細なプロフィールは明かしておらず、仕事の依頼も受けていません。

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 離婚 効果 戸籍 氏 姻族関係
  2. カサンドラ症候群 離婚
  3. DV 離婚
  4. セックスレス 離婚
  5. 熟年離婚 準備 離婚届
  6. アルコール依存症
  7. 子どもの障害 離婚
  8. 借金 離婚
ページ上部へ戻る