マイナンバー個人番号カードの暗証番号を忘れた・ロック時の対応を解説

市区町村役場でマイナンバーの個人番号カードを受け取るときには暗証番号を設定しますが、「暗証番号を忘れた」、「番号を間違えすぎてロックされた」という人が少なからずいます。

身分証明書や各種手続きのために申請したのに、使えなくなってしまうのは困ります。

この記事では、暗証番号を再設定する方法、ロックを解除する方法、再設定やロック解除に必要な手続き、暗証番号以外でカードが使えなくなる場合、暗証番号を変更する方法について解説します。

マイナンバー個人番号カードに設定する暗証番号の種類

個人番号カードのICチップには電子証明書が搭載されており、電子文書の送信や各種証明書の発行など各種電子申請を利用することができるのですが、これらに対応するために暗証番号を設定しなければなりません。

マイナンバーを申請すると、市区町村の窓口で交付してもらう際に、電子証明書の暗証番号を4つ設定するように求められます。

暗証番号の種類使用機会、組み合わせ・ケタ数
署名用電子証明書
  • 電子申告(e-Tax)を利用した申請など
  • 英数字:6文字以上16 文字以下で設定【英字は大文字のAからZまで、数字は0から9まで、いずれも1つ以上入れる)
利用者証明用電子証明書
  • マイナポータルへのログイン、住民票や印鑑証明などのコンビニ交付など
  • 数字4文字
住民基本台帳
  • カードの住所・氏名などの変更手続きなど
  • 数字4文字
券面事項入力補助用
  • 個人番号、住所、氏名、生年月日、性別をテキストデータとして利用する場合など
  • 数字4文字

利用者証明電子証明書、住民基本台帳、券面事項入力補助用は、同じ暗証番号を設定することができます。

また、住民基本台帳事務用と券面事項入力補助用については、個人番号カードの申請時に「電子証明書の発行を希望しない」にチェックを入れた場合でも、暗証番号は設定することになります。

個人番号カードは大切な個人情報なので、複数の暗証番号で管理されているのですが、それが原因で暗証番号を忘れたという人が続出しています。

署名用電子証明書の機能を搭載しなかった場合

マイナンバー個人番号カードを作成するときに「署名用電子証明書」の機能を搭載しなかった場合、電子証明書に関する暗証番号の設定は不要です。

したがって、住民基本台帳と券面事項入力補助用の2種類だけを設定します。

マイナンバー個人番号カードの暗証番号を忘れたときの手続き

個人番号カードの暗証番号を忘れた場合、暗証番号を再設定することができます。

申請者原則として、本人(個人番号カードの持ち主)のみ
申請先住民票のある市区町村の戸籍担当課
申請期間定めなし
必要書類
  • 個人番号カード暗証番号再設定申請書
  • 暗証番号を再設定するマイナンバー個人番号カード
  • 暗証番号を再設定する人の本人確認書類:マイナンバーカード以外(運転免許証やパスポートなど顔写真付きのもの)
  • 法定代理人の本人確認書類2点:官公署が発行する顔写真付き本人確認書類1点ともう1点
  • 代理権の確認書類
  • 委任状

申請者

マイナンバー個人番号カードの再設定を申請できるのは、原則として、カードの持ち主(本人)だけです。

例外として、本人が15歳未満の場合や成年被後見人の場合は、法定代理人が再設定を申請できることになっています。

また、本人が病気やけがで入院している場合など、本人が申請できない事情がある場合にも、代理人による申請が認められることがあります。

申請先

住民票のある(住民登録している)市区町村の戸籍担当課です。

インターネットを利用した公的個人認証サービスを利用することはできず、必ず窓口で申請する必要があります。

申請期間

規定はありません。

必要書類

法定代理人が申請する場合、代理人の本人確認書類が2点と、代理権があることを証明する書類を提出する必要があります。

本人必要書類
15歳未満戸籍全部事項証明書(戸籍謄本):本籍地以外で申請する場合のみ
成年被後見人成年後見登記事項証明書

申請時には、原則として、本人も窓口へ出向く必要があります。

手続きの所要期間

本人が申請した場合、その日に再設定ができます。

代理人が申請した場合、以下の流れで手続が進むので、申請した日に再設定することはできません。

  1. 申請受付後、市区町村が、本人あてに新暗証番号の確認の文書を送付
  2. 必要事項を記入した回答書を市区町村に持参
  3. 暗証番号の再設定

マイナンバー個人番号カードがロックされた時の解除方法

マイナンバー個人番号カードの暗証番号を忘れ、何度も間違った暗証番号を入力すると、カードがロックされてしまいます。

暗証番号の種類ロックされるまでの回数
署名用電子証明書5回連続で暗証番号を間違えた
利用者証明用電子証明書3回連続で暗証番号を間違えた
住民基本台帳
券面事項入力補助用

カードがロックされた場合、ロックを解除し、暗証番号を初期化した上で再設定する必要があります。

申請者、申請先、申請期間、必要書類は暗証番号を忘れた場合の再設定手続きと同じですが、もう一度載せておきます。

申請者原則として、本人のみ
申請先住民票のある市区町村の戸籍担当課
申請期間定めなし
必要書類
  • 個人番号カード暗証番号再設定申請書
  • ロックされたマイナンバー個人番号カード
  • ロックを解除する人の本人確認書類
  • 法定代理人の本人確認書類2点:官公署が発行する顔写真付き本人確認書類1点ともう1点
  • 代理権の確認書類
  • 委任状

手続きの所要時間

本人申請の場合、申請をした日に手続きは完了します。

代理人申請の場合、本人宛に確認文書が送付され、本人の回答を得た上でロックの介助などが行われるので、日数が必要です。

暗証番号を覚えている場合の変更手続き

暗証番号を忘れる前に覚えやすいものに変更したいという人もいると思うので、暗証番号を変更する手続も解説します。

マイナンバー個人番号カードの暗証番号は、パソコン、スマホ(androidのみ)、市区町村役場の窓口で変更することができます。

しかし、パソコンやスマホで暗証番号を変更する場合、クライアントソフトをダウンロードする必要があり、パソコンの場合はさらにICカードリーダライタを準備する必要があります。

自宅でできるというメリットはありますが、手続きがややこしくて手間もかかるので、パソコンやスマホに詳しくない人にはおすすめしません。

どうしてもパソコンやスマホで暗証番号を変更する場合は、公的個人認証サービスポータルサイトを確認しながら手続きを進めてください。

市区町村役場で暗証番号を変更する

市区町村役場で暗証番号を変更する場合、必要なのはマイナンバー個人番号カードだけです。

役場の手続きでは必ず身分証明書の提示を求められますが、個人番号カードが身分証明書となるので、他の書類などは不要です。

手続きには、カード交付時に設定した暗証番号が必要になるので、事前に思い出しておく必要があります。

暗証番号を忘れてしまった場合は再設定の手続きをすることになり、その場合は、個人番号カード以外にもう1点身分証明書が必要になります。

個人番号カードが使えない場合もある

マイナンバー個人番号カードは、暗証番号を忘れた場合だけでなく、以下の場合にも使えなくなります。

機能の付け忘れ

マイナンバー個人番号カードは、4つの機能について暗証番号の設定が必要です。

  1. 利用者証明用電子証明書
  2. 署名用電子証明書
  3. 住民基本台帳
  4. 券面事項入力補助用

このうち、利用者照明用電子証明書と署名用電子証明書の機能については、カードの申請時に搭載するかどうかを選択することができます。

具体的には、申請書の⑨「発行を希望しない電子証明書がある場合、下の□を黒く塗りつぶしてください。」欄で選択します。

マイナンバーカード 申請

出典:マイナンバー総合サイト

黒く塗りつぶした機能については、カード発行時から搭載されていないので使用できません。

つまり、暗証番号以前に機能を搭載していない可能性があるのです。

氏名変更・住所変更時の手続きの不備

結婚や離婚で苗字が変わったり、引っ越しで住所が変わったりした場合、個人番号カードの氏名や住所を変更する必要があります。

変更手続き自体は住民登録している市区町村役場で簡単に済ませることができますが、注意したいのは、「氏名や住所が変更されると、署名用電子証明書」の機能が失効することです。

変更手続きによって券面に表示される氏名や住所を変えることはできても、署名用電子証明書の中に登録されている氏名や住所の情報は変更できない仕組みになっているのです。

そのため、氏名や住所を変更するときは、署名用電子証明書の再発行手続きも同時に行う必要がありますが、忘れてしまって機能が利用できなくなるケースがあります。

署名用電子証明書の再発行手続き

署名用電子証明書の再発行手続きの手順は、以下のとおりです。

  1. マイナンバーカードを住民登録している役場に持っていく
  2. 署名用電子証明書の暗証番号(英数字混在の616ケタ)を入力する
  3. 再発行完了

手数料が200円かかりますが、ごく短時間で完了するので、氏名変更や住所変更の手続きと一緒に済ませておきましょう。

なお、利用者証明用電子証明書については、氏名変更や住所変更をしても執行せず、再発行は不要です。

ただし、住所変更手続きをした場合は、継続利用手続きをしないと失効してしまいます。

関連記事

マイナンバー通知カード・個人番号カードの氏名変更の手続きを解説

有効期限切れ

マイナンバー個人情報カードには、2つの有効期限が設定されており、券面(表面)に表示されています。

マイナンバーカードの有効期限は「生年月日の横」、電子証明書の有効期限は「生年月日の下」です。

【カードの有効期限】

マイナンバーカード有効期限

【電子証明書の有効期限】

マイナンバーカード有効期限2

それぞれの有効期限は、以下のとおりです。

有効期限の種類有効期限
個人番号カード
  • 20歳以上:10年(発行から10回目の誕生日まで)
  • 20歳未満:5年(発行から5回目の誕生日まで)
電子証明書署名用
  • 20歳以上:5年(5回目の誕生日まで)
  • 15歳以上19歳以下:5年(5回目の誕生日まで)
  • 14歳以下:発行されない
利用者証明用
  • 20歳以上:5年(5回目の誕生日まで)
  • 15歳以上19歳以下:5年(5回目の誕生日まで)
  • 14歳以下:5年(5回目の誕生日まで)

有効期限が過ぎたカードは、当然ですが使用できません。

>>>「シングルマザー」の記事一覧に戻る

アバター

離婚ハンドブック編集部

投稿者プロフィール

家事事件(離婚、遺産分割、成年後見など)を専門に取り扱って12年の経験を踏まえ、「離婚ハンドブック」では、離婚に関する制度や手続きについて行政・司法機関よりも詳しく分かりやすく解説しています。
また、マイナンバー、国民年金、税金、養子縁組、青年後見など、日常生活の中で利用する制度や手続きを分かりやすく解説する記事も掲載しています。
サイト上では詳細なプロフィールは明かしておらず、仕事の依頼も受けていません。

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 離婚後 選択的共同親権
    離婚後単独親権に対する問題提起や批判は以前からありましたが、近年、欧米諸国などで採用されている離婚後…
  2. 専業主婦 離婚 準備
    「専業主婦(主夫)だけど離婚したい。でも、離婚後の生活が不安。」、「離婚したいが、専業主婦は離婚後に…
  3. 離婚協議書 公正証書
    協議離婚する場合、離婚することと諸条件について夫婦で話し合い、合意した内容を離婚合意書にまとめた上で…
  4. 離婚調停 相手方 準備
    「ある日突然、見知らぬ住所と差出人の名前が書かれた茶封筒が自宅のポストに届き、中を開けてみると「調停…
  5. 弁護士会照会制度
    離婚紛争を弁護士に依頼すると高額な費用がかかりますが、依頼によって得られるメリットもあります。 …
  6. モラハラ 離婚
    配偶者のモラハラ(モラルハラスメント)を理由に離婚したいと考える人は少なくありません。 しかし…
  7. 離婚調停 成立 調停条項
    離婚調停は、夫婦間で離婚やそれに伴う条件面の合意ができると調停調書が作成され、調停が成立します。 …
  8. 養育費 強制執行 手続き 流れ
    夫婦間で取り決めた養育費が支払われない場合の対応には、履行勧告、履行命令、強制執行があります。 …
  9. 離婚 弁護士費用 相場
    離婚を弁護士に依頼する場合、注意しなければならないのが弁護士費用です。 「離婚 弁護士費用 相…
  10. 離婚調停 弁護士
    「離婚調停で弁護士は必要か。」と聞かれたら、弁護士としての立場では「必要です。ぜひご依頼ください。」…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 離婚後 選択的共同親権

    選択的共同親権とは?法務省が検討する「離婚後の親権の選択制」の意味

  2. 専業主婦 離婚 準備

    専業主婦の離婚準備:仕事と生活費、子どもの親権、年金のことなど

  3. 離婚協議書 公正証書

    離婚協議書を自分で作成:書き方サンプル付き!公正証書の作り方も解説

  4. 離婚調停 相手方 準備

    離婚調停を申し立てられた相手方が調停第1回期日までに準備すること

ページ上部へ戻る