マイナンバー通知カードを紛失!再発行手続と個人番号の確認方法を解説

マイナンバー通知カード、紛失していませんか。

2015年(平成27年)10月から住民一人ひとりに郵送されたマイナンバー通知カードですが、日常生活の中で使う機会がほとんどないので、紛失してしまう人が非常に多くなっています。

この記事では、マイナンバー通知カードを紛失した場合の手続きと再発行までの流れについて解説します。

マイナンバー通知カードを紛失した場合の対応

マイナンバー通知カード

マイナンバー通知カードは、国民にマイナンバー(個人番号)を通知するための紙製のカードです。

2015年10月から、全国の市区町村が住民一人ひとりに簡易書留郵便で送付しており、ほとんどの人の手元に届いているはずです。

通知カードにはマイナンバー(個人番号)、氏名、生年月日、住所などの個人情報が表示されているので、紛失すると「悪用されるのではないか。」と焦りますが、まずは落ち着いてどう対応するか考えることが大切です。

通知カードを紛失した場合の対応は、大きく2つあります。

マイナンバー通知カードを再発行する

マイナンバー通知カードを紛失した場合の最も一般的な対応が、再発行の手続きをすることです。

住んでいる地域の市区町村役場の窓口で申請すれば、再発行してもらえます。

再発行手数料はかかりますが、通知カードを再び手に入れることができます。

個人番号カード(マイナンバーカード)の発行を申請する

通知カードを紛失したのをきっかけとして、個人番号カード(マイナンバーカード)の発行を申請する方法もあります。

通知カードがなくても発行申請はできますし、初回交付手数料もかかりません。

申請から交付までに約1ヶ月間かかりますが、通知カードの再発行でも同じくらいの期間がかかります。

また、個人番号カードは、身分証明書として利用できるほか、e-Taxなどの電子申請やコンビニでの交付サービス利用といった日常生活に役立つ機能が搭載されているので、発行しておいて損はありません。

通知カードは家の中にしまい込んで紛失しやすいですが、個人番号カードは身分証明書として持ち歩くことが多いので、しまった場所を失念することも少ないでしょう。

マイナンバー通知カードを再発行する手続

マイナンバー通知カードを再発行する手続きは、紛失した場所や状況で手続きの流れが異なります。

自宅で紛失した場合

申請者
  • 本人
  • 代理人
申請先住民登録している市区町村のマイナンバー担当課
申請期間規定はないが、紛失後早い時期が望ましい

申請から発行までに約1か月間かかる

必要書類
  • 通知カード再交付申請書:役場の窓口にある
  • 通知カード紛失届:役場の窓口にある
  • 再交付手数料 500円
  • 本人確認書類:顔写真付きのものは1点、顔写真付きでないものは2点必要
  • 認印:申請者が署名する場合は不要

申請者

マイナンバー通知カードを紛失した本人が申請するのが原則です。

本人が15歳未満の子供または成年被後見人の場合など、本人が申請できない事情がある場合は、代理人が申請することができます。

関連記事

成年後見制度とは?法定後見と任意後見の内容、離婚で利用する場合は?

申請先

住民登録している(住民票がある)市区町村のマイナンバー担当課です。

郵送申請やWeb申請はないので、窓口で申請する必要があります。

申請期間

申請期間に決まりはありません。

しかし、通知カードにはマイナンバー(個人番号)などの個人情報が表示されているので、悪用されるなどのリスクを考えると、紛失に気付いた時点ですぐ申請することが大切です。

必要書類

必要書類については、後ほど一つひとつ詳しく解説します。

自宅外で紛失した

申請者
  • 本人
  • 代理人
申請先住民登録している市区町村のマイナンバー担当課
申請期間規定はないが、紛失後早い時期が望ましい
必要書類
  • 通知カード再交付申請書:役場の窓口にある
  • 通知カード紛失届:役場の窓口にある
  • 再交付手数料 500円
  • 紛失・消失を証明する資料(遺失物届の受理番号
  • 本人確認書類:顔写真付きのものは1点、顔写真付きでないものは2点必要
  • 認印:申請者が署名する場合は不要

自宅外でマイナンバー通知カードを紛失した場合、再交付申請の前に警察署や交番に遺失物届を提出し、受理番号を発行してもらう必要があります。

再交付申請で提出する再交付申請書や紛失届には、遺失物届の受理番号を記入する必要があるからです。

遺失物届を提出して受理番号を発行してもらった後は、住民登録している市区町村で通知カードの再交付申請を行います。

災害によって紛失・消失した

申請者
  • 本人
  • 代理人
申請先住民登録している市区町村のマイナンバー担当課
申請期間規定はないが、紛失後早い時期が望ましい
必要書類
  • 通知カード再交付申請書:役場の窓口にある
  • 通知カード紛失届:役場の窓口にある
  • 再交付手数料 500円
  • 紛失・消失を証明する資料(罹災証明書
  • 本人確認書類:顔写真付きのものは1点、顔写真付きでないものは2点必要
  • 認印:申請者が署名する場合は不要

災害が原因で通知カードを紛失・消失した場合、まずは消防署または市区町村役場で罹災証明書を発行してもらいます。

罹災証明書は、災害による被害の程度を証明する書面で、通知カードの紛失・消失を証明する資料として必要です。

罹災証明書を発行してもらったら、住民登録している市区町村の窓口で再交付申請を行います。

代理人が再交付申請の手続きを行う場合

代理人が再交付申請の手続きを行う場合、以下の書類が必要になります。

  • 本人の身分証明書のコピー
  • 再発行手数料500円
  • 遺失物届の受理番号:自宅以外で紛失した場合
  • 罹災証明書:災害で紛失した場合
  • 代理人の代理権を証明する書類(委任状、戸籍謄本、登記事項証明書など)
  • 代理人の身分証明書

代理権を証明する書類は、市区町村によって提出を求めるものが異なるので、事前に確認しておきましょう。

マイナンバー通知カードに必要な書類

通知カードの再交付申請に必要書類は見慣れないものが多いと思うので、一つひとつ解説していきます。

通知カード再交付申請書

通知カード再交付申請書は、通知カードの再発行を申請するための書類です。

ウェブサイト上に様式が掲載されている市区町村もありますが、最新でない場合があるので、窓口でもらうのが無難です。

市区町村ごとに様式が異なりますが、記載する項目はほとんど同じです。

通知カード再交付申請書

出典:本宮市

マイナンバーが分からない場合は、空欄にしておきます。

本宮市の様式では、「再交付を受けようとする事由」欄が手書きになっていますが、チェック方式になっている市区町村もあります。

手書きの場合、紛失した日時や状況などを詳細に記載しなければならないこともあるので、記載例を示しておきます。

  • 通知カードは自宅の貴重品入れにしまっていたが、どこを探しても見つからない
  • 通知カードを外に持ち出したことはないが、引っ越し後に見つからなくなり、ゴミと一緒に捨てた可能性が高い
  • 令和元年7月4日に●●(●●市●●町所在)で財布を落としたときに、紛失した

通知カード紛失届

通知カード紛失届は、通知カードの紛失を市区町村に報告するための書類です。

ウェブサイトに様式を掲載している市区町村もありますが、最新の様式ではないこともあるので、窓口で交付してもらうのが確実です。

通知カード紛失届

出典:本宮市

本宮市は、再交付申請書と通知カード紛失届が別々の様式になっていますが、一体の様式を作成している市区町村もあります。

紛失の経緯については、求められる記載内容が市区町村でバラバラです。

自宅の外で紛失した場合は警察署へ遺失届をする必要があり、届け出たときに発行される受理番号を通知カード紛失届に記入することになっています。

紛失・消失を証明できる資料

通知カードを紛失した場所や状況によって、提出する資料が異なります。

紛失場所・状況提出する資料
自宅で紛失なし

※再交付申請書に紛失の経緯を記載すれば足りる

自宅外で紛失警察署や交番で遺失物届を提出したときに発行される受理番号
災害で紛失消防署や市区町村が発行する罹災証明書

再交付手数料

通知カードの再交付には、発行手数料として500円がかかります。

本人確認書類

本人確認書類には、1点で良いものと2点必要なものがあります。

1点で良いもの運転免許証、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降のもの)、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付きのもの)、個人番号カード(マイナンバーカード)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書など
2点必要なもの健康保険・介護保険の被保険者証、各種年金証書、社員証、学生証、学校が発行した在学証明書、預金通帳、診察券、医療受給者証、生活保護受給者証など

※氏名と生年月日または氏名と住所が記載されたものが必要

代理人が申請する場合における代理人の本人確認書類も同じです。

認印

再交付申請書に押印します。

シャチハタやゴム印は使用できません。

委任状または「代理権を証明する書類」

代理人が申請する場合、委任状または代理権を証明する書類を提出する必要があります。

代理権とは、本人の代わりに特定の法律行為を行う権限のことです。

提出を求められる書類は、代理人の種類によって異なります。

代理人の種類必要な書類
法定代理人(親権者や成年後見人など)本人と代理人の関係が分かる戸籍謄本、成年後見登記証明書など
任意代理人(本人から代理を頼まれた人)委任状

委任状は、市区町村のウェブサイトでダウンロードするか、窓口で交付してもらいます。

委任状

出典:本宮市

本宮市の委任状は、紛失届と再交付申請の両方を一枚の委任状でカバーできるようになっていますが、それぞれ別の委任状を作成する必要がある市区町村も少なくありません。

また、本人(委任者)が押印すれば足りる場合と、全て本人が記載しなければならない場合があるので、事前に確認しておきましょう。

マイナンバー通知カードの再発行申請後

通知カードの再発行申請をした日から3週間~1ヶ月で、再発行された通知カードが自宅に届きます。

個人番号カード(マイナンバーカード)のように窓口交付ではなく、手続きが終わった時点で自宅に郵送されてきます。

再発行手続きの後で通知カードが見つかった場合、返納する必要があります。

返納方法は市区町村によって差があるので、窓口で確認してください。

通知カードの再発行中にマイナンバーを知る方法

通知カードの再発行中にマイナンバーを確認するには、以下の4つの方法があります。

個人番号カード(マイナンバー)カードを発行する

個人番号カードの券面(表面)にはマイナンバーが表示されています。

マイナンバーを紛失したのを機に発行申請をするのも一つの方法です。

ただし、申請から交付までに約1ヶ月間かかるので、受け取れるのは再発行された通知カードよりも後になる可能性があります。

個人番号カード交付申請書をもらう

個人番号カードの発行申請に使うのが「個人番号カード交付申請書」です。

個人番号カード交付申請書

市区町村役場のマイナンバー担当窓口で「個人番号カードの交付申請書が欲しい」と言えば、個人番号カード交付申請書をもらえます。

手数料は無料です。

交付申請書には個人番号(赤枠部分)が表示されています。

個人番号カードを発行する目的で交付してもらう書類ですが、いつまでに申請期限は設定されていないので、カードが欲しくなったときに申請することでも問題ありません。

ただし、申請前に引っ越して住所が変わった場合、交付申請書は使用できなくなります(マイナンバーが変わるのではなく、交付申請書が失効します。)。

住民票を取得する

住民票の申請用紙には、マイナンバーを記載するかどうかを選択する欄があります。

記載するを選択して用紙を窓口に提出すれば、マイナンバーが記載された住民票が交付されます。

住民票 マイナンバー

出典:札幌市

発行手数料がかかりますが、マイナンバーを確認したいと思った日に取得できるので、すぐ確認したい場合におすすめの方法です。

ただし、取得後の取り扱いには十分に注意する必要があります。

職場に確認する

通常、源泉徴収や社会保障に関する事務のために、本人と家族分の通知カードのコピーを職場に提出します。

そのため、職場に確認すればマイナンバーを教えてもらえる可能性があります。

マイナンバーの取り扱いは慎重になされますが、通常は、本人からの申し出であれば開示してもらえます。

>>>「シングルマザー」の記事一覧に戻る

アバター

離婚ハンドブック編集部

投稿者プロフィール

家事事件(離婚、遺産分割、成年後見など)を専門に取り扱って12年の経験を踏まえ、「離婚ハンドブック」では、離婚に関する制度や手続きについて行政・司法機関よりも詳しく分かりやすく解説しています。
また、マイナンバー、国民年金、税金、養子縁組、青年後見など、日常生活の中で利用する制度や手続きを分かりやすく解説する記事も掲載しています。
サイト上では詳細なプロフィールは明かしておらず、仕事の依頼も受けていません。

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 離婚後 選択的共同親権
    離婚後単独親権に対する問題提起や批判は以前からありましたが、近年、欧米諸国などで採用されている離婚後…
  2. 専業主婦 離婚 準備
    「専業主婦(主夫)だけど離婚したい。でも、離婚後の生活が不安。」、「離婚したいが、専業主婦は離婚後に…
  3. 離婚協議書 公正証書
    協議離婚する場合、離婚することと諸条件について夫婦で話し合い、合意した内容を離婚合意書にまとめた上で…
  4. 離婚調停 相手方 準備
    「ある日突然、見知らぬ住所と差出人の名前が書かれた茶封筒が自宅のポストに届き、中を開けてみると「調停…
  5. 弁護士会照会制度
    離婚紛争を弁護士に依頼すると高額な費用がかかりますが、依頼によって得られるメリットもあります。 …
  6. モラハラ 離婚
    配偶者のモラハラ(モラルハラスメント)を理由に離婚したいと考える人は少なくありません。 しかし…
  7. 離婚調停 成立 調停条項
    離婚調停は、夫婦間で離婚やそれに伴う条件面の合意ができると調停調書が作成され、調停が成立します。 …
  8. 養育費 強制執行 手続き 流れ
    夫婦間で取り決めた養育費が支払われない場合の対応には、履行勧告、履行命令、強制執行があります。 …
  9. 離婚 弁護士費用 相場
    離婚を弁護士に依頼する場合、注意しなければならないのが弁護士費用です。 「離婚 弁護士費用 相…
  10. 離婚調停 弁護士
    「離婚調停で弁護士は必要か。」と聞かれたら、弁護士としての立場では「必要です。ぜひご依頼ください。」…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 離婚後 選択的共同親権

    選択的共同親権とは?法務省が検討する「離婚後の親権の選択制」の意味

  2. 専業主婦 離婚 準備

    専業主婦の離婚準備:仕事と生活費、子どもの親権、年金のことなど

  3. 離婚協議書 公正証書

    離婚協議書を自分で作成:書き方サンプル付き!公正証書の作り方も解説

  4. 離婚調停 相手方 準備

    離婚調停を申し立てられた相手方が調停第1回期日までに準備すること

ページ上部へ戻る