認知症の薬一覧!効果と副作用は?薬を飲まない時の対応と管理法は?

認知症 薬
スポンサーリンク

認知症の治療は、薬物療法と非薬物療法を組み合わせて行うのが基本です。

日本においては、認知症の薬が4種類認可されており、医師の判断で治療に使われていますが、その効果や副作用については医師など専門家以外にはあまり知られていません。

また、認知症の人は、薬の管理が適切にできず、薬を飲まないことが多いものですが、適切な対応方法を知らない家族が少なくありません。

この記事では、認知症の薬の一覧、効果や副作用の概要、薬を飲まない時の対応、薬の管理について解説します。

認知症の薬の一覧

日本において認知症の薬として認可されている薬は4種類です。

分類 アセチルコリンエステラーゼ阻害薬 NMDA受容体拮抗薬
名称 アリセプト

(ドネペジル)

レミニール

(ガランタミン)

リバスタッチパッチ

イクセロンパッチ

(リバスチグミン)

メマリー

(メマンチン)

適用 アルツハイマー型 軽度
中等度
重度
レビー小体型
使用回数/日 1回 2回 1回 1回
使用方法 内服 内服 貼付 内服

認知症の薬の効果

認知症の4つの薬は、効果によって2種類に分類されます。

  • アセチルコリンエステラーゼ阻害薬
  • NMDA受容体拮抗薬

アセチルコリンエステラーゼ阻害薬の効果

アセチルコリンエステラーゼ阻害薬とは、アセチルコリンエステラーゼ(AChE)の活性を阻害する効果がある認知症の薬です。

アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症では、脳の神経伝達物質の一つであるアセチルコリンが減少していることが明らかになっています。

アセチルコリンは、アセチルコリンエステラーゼという酵素によってコリンなどに分解されることにより、活性が阻害されて情報伝達機能が低下します。

アセチルコリンエステラーゼ阻害薬は、アセチルコリンエステラーゼの活性を阻害し、神経末端のアセチルコリンの減少を抑える(濃度を上げる)ことにより情報伝達を改善させます。

日本で認可されている認知症の薬のうち、ドネペジル(アリセプト)、ガランタミン(レミニール)、リバスチグミン(リバスタッチパッチ・イクセロンパッチ)の3つが、アセチルコリンエステラーゼ阻害薬に分類されます。

NMDA受容体拮抗薬

NMDA受容体拮抗薬とは、カルシウムイオンが脳神経細胞へ過剰流入することを防ぐ効果のある認知症の薬です。

NMDA受容体とは、神経伝達物質の受け手です。

NMDA受容体が過剰に活性化すると、カルシウムイオンが脳神経細胞に流入して神経細胞が傷つき、情報伝達も混乱をきたします。

NMDA受容体拮抗薬は、NMDA受容体に結合することによってカルシウムイオンの脳神経細胞への過剰流入をブロックします。

日本で認可されている認知症の薬でNMDA受容体拮抗薬に分類されるのは、メマンチン(メマリー)のみです。

薬の使用が認められている認知症

2017年現在、4種類の認知症の薬が治療に適応されるのは、アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症のみです。

ドネペジル(アリセプト)は、アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症の両方で使用されますが、その他の3つの薬は、アルツハイマー型認知症にのみ使われることが多くなっています。

薬の併用

アセチルコリンエステラーゼ阻害薬とNMDA受容体拮抗薬は、いずれも認知症の薬ですが効能が異なっています。

そのため、医師の判断で2種類の薬を併用することがあります。

一方で、3種類のアセチルコリンエステラーゼ阻害薬については、症状の進行度などによって使い分けられており、併用されることはありません。

認知症の薬の副作用

認知症の薬は、症状の進行を抑えるという大きな効果を発揮する一方で、副作用があります。

認知症の専門的な知識を有する医師は、本人の状態や症状の進行、日常生活への支障の程度などを確認し、処方する薬を慎重に判断しますが、それでも副作用が生じることはあります。

また、医師から指示された用法用量を守らず服用すると、命に関わる重大な症状を招くリスクもあります。

認知症の本人が自ら副作用を訴えることは難しいため、家族など周囲の人が本人の様子を慎重に観察し、異常がある場合はすぐ病院を受診して医師に相談する必要があります。

認知症の薬の副作用1:身体症状

  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 下痢
  • めまい
  • 頭痛
  • 不眠
  • 日中の傾眠
  • 不整脈・徐脈
  • 痙攣
  • 失神
  • 皮膚症状
  • パーキンソン症状(パーキンソニズム)

認知症の薬の副作用2:精神症状

  • イライラ
  • 易怒性
  • 興奮
  • 注意力の低下(落ち着かなくなる)

認知症の薬の副作用3:持病の悪化

心臓疾患や消化器疾患など持病がある場合、認知症の薬によって思わぬ副作用が現れるリスクがあります。

服薬するにしても通常より量を減らすなど慎重な対応が求められるため、必ず事前に医師に相談しておきましょう。

認知症の薬の副作用4:服薬中止による副作用

服薬している薬を途中で止めると、認知症の症状が急速に進行することがあります。

特に、本人や家族が独断で中止した場合にその傾向が顕著です。

薬を止めたい場合は、必ず医師に相談し、その指示に従いましょう。

関連記事

認知症の症状は?中核症状と周辺症状(BPSD)の違いと関係は?

認知症の薬の管理方法

認知症の本人が自分で薬を管理することは困難です。

例えば、保管場所を忘れる、薬を飲む必要があることを忘れる、飲み忘れる、飲んだことを忘れて何度も飲みなおす、飲み方を忘れるなどの問題が起こります。

そのため、家族や周囲の人が本人の診察に同席し、医師から薬の用法用量について説明を受けた上で、適切な方法で薬を管理し、毎回、本人に飲ませる必要があります。

飲ませ忘れた場合は、基本的には気づいた時点で飲ませますが、念のため、医師に事前確認しておきましょう。

薬の管理場所

認知症の薬には強い副作用があり、用法用量を誤ると危険です。

鍵のかかる場所など本人の手が届かず、高温多湿でない場所で、適切に管理する必要があります。

毎回取り出すのが面倒くさいと思い、テーブルの上などに薬を放置した結果、本人が薬を大量に飲んで亡くなるというケースもありますので、注意してください。

本人が認知症の薬を飲まない場合

認知症の本人は、医師の指示通りに薬を飲まないことがあります。

本人が薬を飲まない理由は、大きく2つあります。

薬を飲まない場合の対応1:薬を飲むのが嫌

  • 家族やいつもの介護者以外の人が飲ませる
  • 本人が「飲んでも良いかな」と思うよう工夫する
  • 使いやすさを工夫する

家族やいつもの介護者以外の人が飲ませる

家族や長年お世話になっている介護者などに対しては、思い込みや妄想に基づいた言動や態度が顕著になる傾向があり、「病気ではないのに薬を飲まさせる。」、「薬に毒を入れた。」などと薬を拒否することがあります。

こうした場合は、普段とは違う人が薬を準備し、本人の気持ちや感情を受け止めながら薬を勧めると、すんなり飲んでくれることがあります。

本人が「飲んでも良いかな」と思うよう工夫する

「飲め」、「飲まないと良くならない」、「飲まないとダメ」などと強要すると、薬を飲むモチベーションがますます下がってしまいます。

「○○さんは、この薬を飲んで良くなったみたいだよ。」、「△△先生が処方してくれた薬よ。」というように、本人の友人知人や主治医の名前を出すなど、本人が「飲んでも良いかな」と思える工夫をしてみましょう。

ポイントは、本人が良い記憶を想起できるような人や物を引き合いに出して薬を勧めることです。

使いやすさを工夫する

本人が「薬を飲むこと」に感じる負担を少しでも減らせるような工夫をすることも大切です。

例えば、食べ物に混ぜる、薬の型を変える(細粒をドライシロップに変える)、薬の種類を変える(飲むタイプのアリセプトなどから貼付けタイプのイクセロンパッチなどに変える)などが考えられます。

ただし、独断で実行すると誤飲などのリスクがあるため、必ず医師と事前に相談してください。

薬を飲まない場合の対応2:飲み忘れ

  • 一包化する
  • お薬カレンダーを使う
  • 薬を飲んだかどうか確認する紙を置く

一包化する

高齢者の場合、認知症でなくても、複数の薬を決まった時間に決まった数だけ飲むのはなかなか難しいものです。

医師に相談した上で、薬局などで一回に飲む薬を一包化(一つの包みにまとめて入れてもらうこと)してもらいましょう。

ただし、1週間ごとに300円(56日分まで。57日分以降は2700円)が調剤料に加算されます。

お薬カレンダーを使う

お薬カレンダーとは、薬を日ごとや飲む時間ごとに入れておくことができるカレンダーです。

目立つ場所にお薬カレンダーをかけておくと、本人が自分で気づきやすくなりますし、家族も飲ませ忘れが少なくなります。

薬を飲んだかどうか確認する紙を置く

認知症の本人は、耳から入った情報よりも、目から入った情報の方が頭に残りやすい傾向があります。

そのため、テーブルの上など目立つ場所に、薬を飲んだかどうか確認する紙を置いておくと、飲み忘れが減ることがあります。

関連記事

認知症とは?原因と種類、症状、対応、認知症テストと予防まで解説

スポンサーリンク

アバター

離婚ハンドブック編集部

投稿者プロフィール

家事事件(離婚、遺産分割、成年後見など)を専門に取り扱って11年になります。
これまでの実務経験から、当事者自身が離婚に関する知識を得て、自分で考えて判断することが「後悔の少ない離婚」につながるという考えており、その考えに基づいて「離婚ハンドブック」を運営しています。
サイト上では詳細なプロフィールは明かしておらず、仕事の依頼も受けていません。

この著者の最新の記事

離婚調停
シングルマザー

読まれている記事

  1. 離婚調停 期間 流れ 費用

    離婚調停とは?期間・流れ・費用から弁護士の要否までまとめて解説

  2. 離婚調停 相手方 準備

    離婚調停を申し立てられた相手方が調停第1回期日までに準備すること

  3. 離婚協議書 公正証書

    離婚協議書の書き方サンプル~自分で作成して公正証書にするまで~

  4. 弁護士会照会制度

    弁護士会照会制度とは?相手方の財産や住所を照会できる?

  5. 婚姻費用分担審判 確定 即時抗告 不服申立て

    婚姻費用分担審判の流れと期間は?即時抗告の流れと審判結果の確定時期

  6. 別居 離婚

    離婚前に別居する方法と生活費や住民票は?児童扶養手当は受給できる?

  7. 大人の発達障害 離婚

    離婚原因は夫の発達障害?大人の発達障害が夫婦関係に与える影響は?

  8. 履行勧告 申出書 養育費 面会交流

    履行勧告とは?養育費や面会交流の勧告は電話?勧告書を無視すると?

  9. 離婚調停 成立 調停条項

    調停調書の調停条項とは?離婚成立時は養育費や年金分割も記載する?

  10. 離婚後 住まい

    離婚後の住まいは実家も選択肢?シングルマザーの住む場所がない時は?

ピックアップ記事

  1. 熟年離婚 準備 離婚届
  2. DV 離婚
  3. カサンドラ症候群 離婚
  4. 離婚 効果 戸籍 氏 姻族関係
  5. 子どもの障害 離婚
  6. セックスレス 離婚
  7. 借金 離婚
  8. アルコール依存症
ページ上部へ戻る