成年後見登記制度とは?登記事項証明書の申請と手数料は?登記されていない証明は?

成年後見制度では、ある人が制度を利用しているかどうかについて、第三者が知ることができるよう登記の制度を整備しています。

これを成年後見登記制度といいます。

この記事では、成年後見登記制度の趣旨、取扱機関、登記時期、登記事項、発行される証明書(登記事項証明書、登記されていないことの証明書)、証明書の申請方法について解説します。

成年後見登記制度とは

成年後見登記制度とは、成年後見制度に関する内容を東京法務局のコンピューターに登記し、登記事項証明書を発行することによって登記事項を証明する制度です。

登記とは、ある一定の事項を公の帳簿(登記簿)に記載することです。

登記制度は、登記事項を公示することにより、取引関係に入る第三者に権利関係の内容を明らかにして、取引の安全を図るものです。

成年後見登記制度は、成年後見人等の権限などを登記し、その内容を登記事項証明書の発行によって公示することにより、銀行や施設などが成年後見人等と安全に取引できることを目的としています。

成年後見登記を取り扱う機関

成年後見登記を取り扱っているのは、東京法務局民事行政部後見登録課です。

登記事項証明書の発行は、全国の法務局や地方法務局で取り扱っていますが、登記事務は、後見登録課が全国分を一手に取り扱っています。

成年後見登記はいつするか

成年後見登記をするのは、家庭裁判所が後見等開始の審判や任意後見監督人選任の審判をしたとき、公証役場の公証人が任意後見契約の契約書を作成したときです。

後見等開始の審判や任意後見監督人選任選任の審判の場合は家庭裁判所が、任意後見契約の場合は公証人が、東京法務局に登記を嘱託(依頼)します。

登記後、登記事項に変更があった場合は「変更の登記」を申請します。

また、本人の死亡などによって法定後見や任意後見が終了した場合は、「終了の登記」を申請します。

成年後見登記制度で発行される証明書

成年後見登記制度では、登記事項証明書と登記されていないことの証明書が発行されます。

  • 登記事項証明書:登記事項を証明する証明書
  • 登記されていないことの証明書:成年後見登記に登記されていないことを証明する証明書

成年後見登記制度では、登記されていないことの証明書が発行されます。

登記されていないことの証明書では、成年後見登記に登記されていない(成年被後見人、被保佐人、被補助人、任意後見契約の本人とする記録がない)ことが証明されます。

例えば、各種許認可等の申請で、欠格事由の一つとして成年被後見人等が挙げられている場合に登記されていないことの提出することで、欠格事由に当てはまらないことを証明することができます。

登記事項証明書の記載内容(登記事項)

登記事項証明書の記載(成年後見登記制度で登記される)内容は、法定後見と任意後見で異なります。

法定後見の登記事項

  • 後見等開始の審判:①家庭裁判所名、②事件番号、③審判の確定日、④登記年月日、⑤登記番号
  • 成年被後見人等:①氏名、②生年月日、③住所、④本籍
  • 成年後見人等:①氏名、②住所、③選任の審判確定日、④登記年月日、(⑤辞任の審判確定日、⑥解任の審判確定日)
  • 後見監督人等:①氏名、②住所、③選任の審判確定日、④登記年月日、(⑤辞任の審判確定日、⑥解任の審判確定日)

成年後見人が複数選任されており、事務を分担しているまたは共同して権限を行使する場合は、権限行使の定め目録が添付される取扱いとなっています。

また、保佐類型や補助類型で代理権付与の審判がされた場合は代理権目録、同意権付与の審判がされた場合は同意権目録が添付されます。

任意後見契約の登記事項(任意後見監督人が選任される前)

  • 任意後見契約:①公証人の所属、②公証人の氏名、③証書番号、④作成年月日、⑤登記年月日、⑥登記番号
  • 任意後見契約の本人:①氏名、②生年月日、③住所、④本籍
  • 任意後見受任者:①氏名、②住所、③代理権の範囲

契約の内容に応じた代理権が記載される代理権目録が添付されます。

任意後見契約は、家庭裁判所が任意後見監督人を選任したときから効力を生じるため、この段階では、任意後見受任者(任意後見人ではない)が代理権を行使することはできません。

あくまで、公証役場で任意後見契約を結んで公正証書を作成したことの登記です。

任意後見契約の登記事項(任意後見監督人が選任された後)

  • 任意後見契約:①公証人の所属、②公証人の氏名、③証書番号、④作成年月日、⑤登記年月日、⑥登記番号
  • 任意後見契約の本人:①氏名、②生年月日、③住所、④本籍
  • 任意後見人:①氏名、②住所、③代理権の範囲
  • 任意後見監督人:①氏名、②住所、③選任の裁判確定日、④登記年月日

家庭裁判所が任意後見監督人を選任した後は、登記事項の任意後見受任者が任意後見人になり、任意後見監督人の欄が加わります。

関連記事

任意後見制度とは?手続の流れと費用、デメリットは?公正証書や監督人が必要?

登記されていないことの証明書

  • 人定事項:①氏名、②生年月日、③住所、④本籍
  • 証明事項:用途によって異なる(「成年被後見人、被保佐人、被補助人、任意後見契約の本人とする記録がないことを証明する。」など)

登記事項証明書と登記されていないことの証明書の申請

登記事項証明書と登記されていないことの証明書では、申請できる人などが異なります。

登記事項証明書の申請

登記事項証明書の申請方法は、以下のとおりです。

申請できる人

成年後見登記の登記事項は重要な個人情報であり、申請できるのは、成年被後見人等、成年後見人等、成年後見監督人等、4親等内の親族、彼らから委任を受けた代理人などに限られています。

銀行や施設などは申請することができないため、取引や契約の際には成年後見人等が登記事項証明書を申請・取得して提出する必要があります。

申請する場所

東京法務局後見登録課、全国の法務局・地方法務局本局の戸籍課で、申請することができます。

住所地や本籍地に関わらず申請できますが、支部や出張所では取り扱っていないので注意が必要です。

郵送の申請窓口は、東京法務局後見登録課のみです。

申請に必要な書類

  • 登記事項証明書申請用紙(書式と記載例は、法務省の窓口で交付してもらえる他、法務省のサイトからもダウンロードできます。)
  • 本人確認ができる書類(運転免許証、パスポート、健康保険証、マイナンバーカードなど)
  • 成年被後見人との関係が分かる戸籍謄本(親族等が申請する場合)
  • 委任状(申請できる人から委任を受けて申請する場合)
  • 収入印紙(300円/通)

郵送による申請の場合は、封筒に上記の書類等と返信用封筒(切手貼付け、返信先住所記載済のもの)を入れる必要があります。

申請から発行までの時間

窓口申請の場合は、申請から発行まで10~20分程度です。

郵送による申請の場合、郵送してから証明書が手元に届くまで10日程度かかります。

登記されていないことの証明書

登記されていないことの証明書の申請方法は、以下のとおりです。

申請できる人

登記されていないことの証明を受ける人、4親等内の親族、彼らの委任を受けた代理人などに限られています。

取引や契約で必要になる場合は、登記されていないことの証明を求められている人が申請・取得して提出することになります。

申請できる場所

東京法務局後見登録課、全国の法務局・地方法務局本局の戸籍課で、申請することができます。

住所地や本籍地に関わらず申請できますが、支部や出張所では取り扱っていないので注意が必要です。

郵送の申請窓口は、東京法務局後見登録課のみです。

申請に必要な書類

  • 登記事項証明書申請用紙(書式と記載例は、法務省の窓口で交付してもらえる他、法務省のサイトからもダウンロードできます。)
  • 本人確認ができる書類(運転免許証、パスポート、健康保険証、マイナンバーカードなど)
  • 成年被後見人との関係が分かる戸籍謄本(親族等が申請する場合)
  • 委任状(申請できる人から委任を受けて申請する場合)
  • 収入印紙(300円/通)

郵送による申請の場合は、封筒に上記の書類等と返信用封筒(切手貼付け、返信先住所記載済のもの)を入れる必要があります。

申請から発行までの時間

窓口申請の場合は、申請から発行まで10~20分程度です。

郵送による申請の場合、郵送してから証明書が手元に届くまで10日程度かかります。

関連記事

成年後見制度とは?法定後見と任意後見の内容、離婚で利用する場合は?

>>>「成年後見」の記事一覧に戻る

アバター

離婚ハンドブック編集部

投稿者プロフィール

家事事件(離婚、遺産分割、成年後見など)を専門に取り扱って12年の経験を踏まえ、「離婚ハンドブック」では、離婚に関する制度や手続きについて行政・司法機関よりも詳しく分かりやすく解説しています。
また、マイナンバー、国民年金、税金、養子縁組、青年後見など、日常生活の中で利用する制度や手続きを分かりやすく解説する記事も掲載しています。
サイト上では詳細なプロフィールは明かしておらず、仕事の依頼も受けていません。

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

  1. 離婚後 選択的共同親権
    離婚後単独親権に対する問題提起や批判は以前からありましたが、近年、欧米諸国などで採用されている離婚後…
  2. 専業主婦 離婚 準備
    「専業主婦(主夫)だけど離婚したい。でも、離婚後の生活が不安。」、「離婚したいが、専業主婦は離婚後に…
  3. 離婚協議書 公正証書
    協議離婚する場合、離婚することと諸条件について夫婦で話し合い、合意した内容を離婚合意書にまとめた上で…
  4. 離婚調停 相手方 準備
    「ある日突然、見知らぬ住所と差出人の名前が書かれた茶封筒が自宅のポストに届き、中を開けてみると「調停…
  5. 弁護士会照会制度
    離婚紛争を弁護士に依頼すると高額な費用がかかりますが、依頼によって得られるメリットもあります。 …
  6. モラハラ 離婚
    配偶者のモラハラ(モラルハラスメント)を理由に離婚したいと考える人は少なくありません。 しかし…
  7. 離婚調停 成立 調停条項
    離婚調停は、夫婦間で離婚やそれに伴う条件面の合意ができると調停調書が作成され、調停が成立します。 …
  8. 養育費 強制執行 手続き 流れ
    夫婦間で取り決めた養育費が支払われない場合の対応には、履行勧告、履行命令、強制執行があります。 …
  9. 離婚 弁護士費用 相場
    離婚問題を弁護士に依頼する場合にトラブルになりやすいのが、弁護士費用です。 「離婚 弁護士費用…
  10. 離婚調停 弁護士
    「離婚調停で弁護士は必要か」と聞かれたら、弁護士の立場からは「必要です。ぜひご依頼ください!」と答え…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 離婚後 選択的共同親権

    選択的共同親権とは?法務省が検討する「離婚後の親権の選択制」の意味

  2. 専業主婦 離婚 準備

    専業主婦の離婚準備:仕事と生活費、親権や年金について分かりやすく解説

  3. 離婚協議書 公正証書

    離婚協議書の書き方:自分で作成する方法と公正証書の作り方(雛型付)

  4. 離婚調停 相手方 準備

    離婚調停の相手方が第1回期日までに準備すること(調停を申し立てられた人用)

ページ上部へ戻る