試行的面会交流とは?家裁で実施?試行面接と交流場面観察は違う?

試行的面会交流

現在の家庭裁判所は、子どもの健全な成長のために面会交流は不可欠というスタンスです。

したがって、家庭裁判所の調停で面会交流や審判で面会交流を取り決める場合、子どもの福祉を害する特段の事情がない限り面会交流が認められることになります。

調停や審判で面会交流を決める場合、家庭裁判所が子どもの心情・意向、生活状況、親子関係など必要な調査を行いますが、その一つが試行的面会交流です。

試行的面会交流とは

試行的面会交流とは、家庭裁判所内にあるプレイルームで、離れて暮らす親子が試行的に面会交流を行うことです。

本来、面会交流は、当事者である父母が協議して方法などを取り決め、夫婦が協力して実施するものです。

しかし、以下のような事情がある場合には、まず、家庭裁判所で試行的面会交流を実施してみて、その結果を踏まえて具体的な面会交流の方法を考えることがあります。

  • 子どもと非監護親が、親の別居や離婚により離れ離れになってから長期間面会していない
  • 監護親が、年齢の低い子どもに対して非監護親が適切に関われるかどうか不安を抱いている
  • 父母間で協議して面会交流を実施することに抵抗や不安が強い

家庭裁判所は、父母が子どもの面会交流で対立しているケースについて試行的面会交流を行い、交流の様子を観察した結果に基づいて調停を進行したり、審判を出したりことが多くなっています。

なお、少し前までは、調停や審判で取り決める前に父母間で面会交流を試しにやってみることも試行的面会交流に含まれていましたが、最近は家庭裁判所が主導で行うもののみを指す言葉として定着しています。

関連記事

面会交流調停の流れは?期間と回数、拒否すると不成立で審判移行?

試行的面会交流は家庭裁判所調査官が実施する

試行的面会交流は、裁判官が家庭裁判所調査官に命じて行わせる手続きです。

家庭裁判所調査官とは、裁判官の命令を受けて事件の解決に必要な調査を行う職員です。

「家庭裁判所」調査官という名称のとおり、基本的には家庭裁判所で勤務しており、面会交流事件など子どもに関する事件の調停に出席したり、子どもの調査を行ったりしています。

面会交流事件では、ほぼすべての事件で家庭裁判所調査官が調停に出席し、子どもの視点で面会交流について考えるよう促す他、子どもに関する調査を行ってその結果を調停に還元します。

試行的面会交流でも、家庭裁判所調査官が具体的な日時や実施方法などを調整し、交流当日も司会進行を務め、交流の様子を観察しています。

試行的面会交流が実施される場所

試行的面会交流が実施される場所は、家庭裁判所内にあるプレイルームです。

児童室や家族面接室などと呼ばれることもあります。

家庭裁判所のプレイルームは、ショッピングモールなどのキッズコーナーのように子どもが自由に遊ぶことができる部屋です。

床にはフローリングまたはカーペットやマットが敷いてあり、各年齢の子ども向けのおもちゃがたくさん置いてある他、箱庭など心理療法の道具も置かれています。

部屋の一角にはマジックミラーが設置されており、プレイルームの隣の部屋(観察室)から試行的面会交流の様子を観察できるようになっています。

マジックミラーは観察室からプレイルームを観察できる仕様になっており、観察室からはただの鏡にしか見えません。

また、部屋の天井付近にはカメラが設置されており、カメラが拾った映像や音声を観察室に設置されたモニターで視聴することが確認できます。

マジックミラーからは見えにくい位置で親子が遊んでいても、その様子を逃すことなく観察できるのも特徴です。

試行的面会交流の実施方法

試行的面会交流の実施方法は、大きく事前準備と当日の面会交流に分けることができます。

試行的面会交流の事前準備

離婚調停や面会交流調停で調停委員会が試行的面会交流を実施する方針を決めると、調停に同席していた家庭裁判所調査官が試行的面会交流について調整を開始します。

通常、家庭裁判所調査官から試行的面会交流の簡単な説明を受け、父と母の面接日と試行的面会交流の実施日が決まると、その期日は終了となります。

後日、調停期日に指定された面接日に家庭裁判所へ出頭し、家庭裁判所調査官から試行的面会交流の説明と当日の流れの説明を受け、交流に向けた不安や要望を伝えます。

説明内容はケースによって異なりますが、以下のような説明は必ず受けることになります。

  • 子どもが楽しめるように、明るく楽しい雰囲気で面会交流すること
  • 面会交流の開始時と終了時には、笑顔で子どもと挨拶すること(父母が顔を合わせる場合は父母同士も挨拶すること)
  • 子どもの話をしっかり聞き、親が子どもを質問攻めにしたり、一方的に話し続けたりしないこと
  • プレゼントはしないこと
  • プレイルームに食べ物を持ち込まないこと
  • 面会交流中に子どもと約束をしないこと
  • 事前に説明した流れに沿って行動すること
  • 子どもの体調不良や面会の拒否など不測の事態が生じた場合、面会交流を中止・中断する可能性があること
  • 担当の家庭裁判所調査官の指示に従うこと

また、面接後、プレイルームや観察室を見学できることもあります。

試行的面会交流当日の流れ

試行的面会交流のおおまかな流れは、以下のとおりです。

  1. 監護親が子どもと一緒に家庭裁判所に出頭する
  2. 家庭裁判所調査官の案内で、監護親と子どもが一緒にプレイルームに入り、しばらく遊ぶ
  3. 子どもがプレイルームに慣れてきたら、家庭裁判所調査官の合図で非監護親がプレイルームに入る
  4. 非監護親は、監護親と子どもに挨拶して遊びに加わる
  5. 子どもが非監護親と遊ぶのに慣れてきたら、監護親はそっと退室する
  6. 非監護親と子どもが面会交流をする
  7. 家庭裁判所調査官の合図で監護親がプレイルームに入室し、非監護親と子どもでおもちゃを片付ける
  8. 非監護親は、監護親と子どもに挨拶して退室する
  9. 監護親と子どもで少し遊ぶ
  10. 子どもが落ち着いたら、監護親が子どもを連れて帰る

(※試行的面会交流を経験した人への取材結果に基づいて記載しているため、実際の流れとは異なる可能性があります。)

監護親・非監護親の一方または両方がプレイルームでの同席を拒否した場合、監護親が退席してから非監護親が入室するまで家庭裁判所調査官が子どもと遊んでくれることがあります。

ただし、試行的面会交流が面会交流を取り決める手続の一つであり、面会交流が父母の協力を前提として行うものであることから、原則、監護親と非監護親が顔を合わせる流れとなります。

なお、試行的面会交流の間、家庭裁判所調査官1~2人がプレイルームで交流の様子を観察し、別の調査官が監護親と非監護親の入れ替えや、観察室でのカメラの操作などを行うことが多くなっています。

試行的面会交流実施後

試行的面会交流実施後、家庭裁判所調査官が交流の結果を報告書にまとめます。

家庭裁判所調査官の報告書は申請をすれば閲覧謄写できることになっています。

また、試行的面会交流後の調停期日では、家庭裁判所調査官から交流の結果報告があり、調査官の視点から交流場面で見られた課題や問題が指摘されます。

それを踏まえて、調停委員会が面会交流の方法などについて父母の意向を確認し、面会交流の取り決めに向けた調整を図ります。

複数回の試行的面会交流

試行的面会交流は、あくまで父母が自分たちで面会交流を実施する前に「試しにやってみる」面会交流です。

試行場面で見られた課題や問題を踏まえて、父母による面会交流の取り決めについて話し合うための手続きであり、何度も繰り返されるものではないため、通常は1回、多くでも2回程度とされています。

関連記事

面会交流とは?別居や離婚後に子供と面会するには?会えないときは?

アーカイブ

ページ上部へ戻る