認知症の症状は?中核症状と周辺症状(BPSD)の違いと関係は?

認知症の症状

認知症の症状は、中核症状と周辺症状の2種類に分類されます。

認知症の中核症状と周辺症状は、起こる原因が違い、症状の内容も違いますが、互いに絡み合いながら認知症の症状を構成しています。

この記事では、認知症の中核症状と周辺症状の違いと関係、具体的な症状について解説します。

認知症の症状は中核症状と周辺症状(BPSD)の2種類

認知症の症状には、中核症状と周辺症状の2種類があります。

中核症状とは

中核症状とは、脳の病的な変化や障害によって脳の細胞が壊れることで起こる、認知症の人に必ず見られる症状です。

主な中核症状は、以下のとおりです。

周辺症状(BPSD)とは

周辺症状とは、認知症の人に見られる行動の異常や精神症状です。

英語では「Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia」と表記し、単語の頭文字を並べてBPSDと略されます。

周辺症状は、中核症状やそれに伴う日常生活上の支障に加え、本人の性格、生活歴、周辺環境、他人との交流などが複雑に絡み合って生じます。

主な周辺症状は、以下のとおりです。

不安、抑うつ、無気力、暴言、暴力、徘徊、弄便、失禁、介護拒否、睡眠障害、幻視、幻覚、妄想、せん妄など

中核症状と周辺症状(BPSD)の関係

中核症状と周辺症状の関係を図にすると、以下のようになります。

認知症の中核症状と周辺症状の関係

周辺症状が起こる背景には、中核症状と本人の性格や置かれた環境などに根差した本人ならではの理由があります。

そのため、周辺症状の種類、頻度、程度などは一人ひとり異なり、ケアや介護についてもオーダーメイドで取り組む必要があり、家族にとっては大きな負担がかかります。

認知症の中核症状

認知症の主な中核症状は、以下のとおりです。

記憶障害、見当識障害、理解の障害、判断力の障害、実行機能障害、失語、失認式、失行など

以下、具体的な症状を解説していきます。

認知症の中核症状1:記憶障害

認知症の早い時期から現れる症状が、記憶障害です。

加齢による物忘れの場合、体験の一部を忘れますが、忘れたことは自覚しており、ヒントが与えられると思い出すことができます。

しかし、認知症による記憶障害は、体験そのものを忘れており(覚えることができず)、忘れている自覚もないため、ヒントが与えられても思い出すことはできません。

また、時間の経過とともに症状が進行し、近い時期の記憶から失われて、現代と過去の記憶が混濁していきます。

記憶障害の具体例

  • 昼食を食べた事実を忘れ、もう一度食べたがる
  • 財布をカバンにしまったことを忘れ、探し回る
  • 戦時中の記憶を現在のことのように話す

認知症の中核症状2:見当識障害

見当識障害は、記憶障害と同様、早い時期から現れて日常生活に支障を及ぼす障害です。

見当識とは、人、場所、季節、時間、年月日など、自分が置かれた状況や自分自身を正しく認識する力のことです。

認知症を発症すると、今日の日付、家族や知人友人の顔と名前、今いる場所、時間などが分からなくなります。

見当識障害の具体例

  • 時間が分からなくなって、遅刻が増える
  • 日にちが分からなくなって、病院の受診日やゴミ出しの日を間違える
  • 季節が分からなくなって、季節外れの服を着る
  • 場所が分からなくなって、住み慣れた地域で迷子になる、家の中でトイレの位置が分からず探し回る、今いる場所を間違えて答える
  • 人が分からなくなり、家族に向かって「あなたは誰?」と問いかける

認知症の中核症状3:理解力の障害

理解力とは、物事を正しく理解する力です。

認知症を発症すると、物事を理解するのに時間がかかるようになります。

時間をかければ理解できることが多いため、周囲の関わり方が重要です。

理解力の障害の具体例

  • 簡単なことでも、何度も聞かないと理解できない
  • 話に相槌を打っているが、内容は分かっていない

認知症の中核症状4:判断力の障害

認知症を発症すると、理解力の低下とともに物事を判断する力も低下します。

物事を考えるスピードがゆっくりになり、複数のことを同時処理することも困難になります。

また、些細な変化に敏感になり、新しい場面に遭遇すると混乱してしまうこともあります。

抽象的な表現を現実の物事と結びつけることが困難になるのも特徴です。

理解力・判断力の障害の具体例

  • 2つ以上のことを伝えると混乱してフリーズする
  • 場にそぐわない行動をする
  • 「外出の準備をして。」と言われたが、何をしてよいか分からず立ちつくす

認知症の中核症状5:実行機能障害

実行機能の障害とは、物事に応じて適切な段取りを組んで実行する力が障害されることです。

例えば、洗濯機を回している間に掃除機をかけ、掃除機が終わったら洗濯物を干し、それが終わったら保育所へ子どもを迎えに行く準備をするなど、段取りを立てて実行することが難しくなります。

実行機能障害の具体例

  • 以前は問題なくこなせた家事や仕事で失敗を繰り返す
  • 複数のメニューを同時に料理できなくなる
  • 明日の朝食のメニューは考えたものの、その先、何をして良いか分からなくなる

認知症の中核症状6:失語

失語とは、脳の言葉を司る部位が機能しなくなることにより、一度獲得した言葉をうまく使えなくなる状態です。

失語には、ブローカ失語(運動性失語)とウェルニッケ失語(感覚性失語)の2種類あり、いずれの部位が機能しなくなるかによって失語の内容や程度が違います。

失語の具体例

  • ブローカ失語(運動性失語):言葉が出にくくなる他、言い間違いが増え、書字が困難になるが、相手の話は理解することができる
  • ウェルニッケ失語(感覚性失語):相手の話が理解できず、文章の理解も困難になるが、流ちょうに話すことができる

認知症の中核症状7:失認識

失認識とは、感覚器官の機能に異常がないにも関わらず、五感によって得られた情報を正しく認識できない状態のことです。

失認識の具体例

  • 皿の上に置かれた食材は見えているが、食べる物だと認識できない
  • 声は聞こえているが、内容は認識できず、自分を呼ぶ声だとは思わない
  • 手足に麻痺があるが、認識できない

認知症の中核症状8:失行

失行とは、身体の機能に異常がないにも関わらず、脳が障害されることで日常生活動作ができなくなる状態です。

特に、複数の手順を踏む必要がある動作が困難になる傾向があります。

日常生活の中で自然にできていたことができなくなり、本人も家族もショックを受けやすいものです。

失行の具体例

  • 簡単な図形が描けなくなる
  • ボタンはめなど指先を使った細かい作業ができなくなる
  • 指示された内容を適切に実行できない
  • ズボンのすそに腕を通したり、Tシャツを履いたりする

認知症の周辺症状(BPSD)

認知症の主な周辺症状は、以下のとおりです。

ただし、本人の性格、生活歴、環境、他人との交流などにより個人差が大きく、現れる症状の種類や程度は一人ひとり異なります。

不安、抑うつ、徘徊、失禁、弄便、物盗られ妄想、せん妄、幻覚、錯覚、暴言・暴力、拒否、睡眠障害、異食、食べないなど

認知症の周辺症状1:不安

「認知症の人は自覚症状がない。」と思われがちですが、実は、認知症の症状に最初に気づくのは本人です。

物忘れによる失敗や、難なくこなせていた家事や仕事がうまくいかなくなるなどを繰り返すうちに、「何となくおかしい。」、「自分に何かが起こっている。」という漠然とした不安を感じ始めます。

そして、その人の性格や家族の関わりなど影響により、落ち込んで抑うつ的になる、イライラして暴言や暴力に及ぶ、周囲の人がおかしくなったと妄想するなど、様々な周辺症状を引き起こすことになります。

認知症の周辺症状2:抑うつ

認知症を発症すると、「何となくおかしい。」状態に不安や焦りを募らせ、気持ちが落ち込んで抑うつ的になることがあります。

意欲の低下、無気力、無関心、思考の障害などの症状が現れます。

具体的には、長年続けた趣味や仕事を止める、他人と会うのを避けて引きこもるなどの症状が現れる他、睡眠障害や食欲不振などを併発することもあります。

認知症の周辺症状3:徘徊

徘徊とは、時間や場所の見当識が障害されたことに加え、本人の性格や生活歴などが影響して、あちこち移動して元いた場所に帰ることができなくなる症状です。

徘徊には必ず本人なりの理由がありますが、本人が目的地まで自力で辿り着くことはほとんどなく、延々とさまよい歩いて体調を崩す、交通事故に遭う、行方不明になるなどのリスクがあります。

2016年には、約1万2000人もの認知症の人が行方不明になっており、徘徊中の事故で命を落としたり、徘徊中に体調を崩して亡くなったりした人も後を絶ちません。

認知症の周辺症状4:失禁

認知症の症状が進行すると、尿失禁の症状に悩まされる人が増えます。

認知症による尿失禁の主な原因は、以下のとおりです。

  • トイレに行きたいことを忘れる
  • トイレの場所が分からなくなる(見当識障害)
  • 尿意を感じなくなる
  • トイレに行きたいという意思表示がうまくできない
  • 排泄のやり方を忘れる

トイレに行きたいことを忘れる

認知症の記憶障害は、物事そのものを忘れます。

尿意を感じてトイレに向かう途中で、「トイレに行こうとしたこと」を忘れ、失禁してしまいます。

トイレの場所が分からなくなる

見当識障害により、家の間取りが分からなくなると、トイレの場所が分からず探し回っているうちに、間に合わず失禁してしまいます。

また、施設など慣れない環境でトイレの場所が分からなかったり、暗闇の中でトイレまでの距離や方向が分からなかったりして、トイレまでたどり着けないこともあります。

尿意を感じなくなる

認知症を発症すると尿意を感じにくくなり、トイレに行こうと思うまでに失禁してしまうことがあります。

トイレに行きたいという意思表示がうまくできない

認知症の人は、中核症状の一つである失語の影響で、自分の意思を言葉でうまく伝えることが難しいものです。

自力歩行が困難な場合、尿意を感じてもトイレに行きたいと意思表示できず、失禁してしまうことがあります。

排泄のやり方を忘れる

認知症を発症すると、「排泄はトイレで行う」ということを忘れてしまい、トイレ以外で失禁する人もいます。

認知症の周辺症状5:弄便(ろうべん)

弄便とは、大便をいじり、もてあそぶ行為です。

認知症の症状が進行すると、大便を手づかみにして投げつける、自分の身体や家具、壁などに塗りつけるなどの症状が現れることがあります。

弄便の原因としては、オムツ内に失禁して不快さを感じながら、失語等の影響で周囲の人にうまく伝えられず、自力で対処しようとするためだと考えられています。

認知症の周辺症状6:物盗られ妄想

物盗られ妄想とは、大事な物を盗まれたと訴える症状で、認知症による被害妄想の一つです。

現金、財布、預貯金通帳、貴金属類などの財産がなくなったと思い込み、家族や家に出入りする人に盗まれたのではないかと妄想します。

認知症の記憶障害は、加齢による物忘れと違い、自分の行為そのものを忘れてしまいます。

そのため、自分が財産を置き忘れたり、仕舞い込んだりしていた場合でも記憶がなく、「物がなくなった=盗まれた」と短絡的に結びつけてしまいやすいのです。

認知症の周辺症状7:せん妄

せん妄とは、病気、ストレス、睡眠不足、薬の影響、環境の変化などが原因で起こる意識障害です。

時間や場所などの見当識が低下、幻覚、錯覚、場にそぐわない言動など、認知症と似た症状が現れることが多く、認知症と混同されやすいものです。

認知症の人は、体調不良や睡眠不足、疲労などが原因でせん妄の症状が出ることがあります。

認知症の周辺症状8:幻覚

幻覚とは、現実には存在しない刺激を五感で知覚することです。

幻覚には、幻視(視覚)、幻聴(聴覚)、幻臭(嗅覚)、幻触(触覚)、幻味(味覚)などがありますが、認知症の症状で多いのは「そこにないもの」が見える幻視です。

認知症の周辺症状9:錯覚

錯覚とは、現実にある刺激を誤って知覚することです。

錯覚の多くは、実際の刺激とは異なって見える錯視です。

例えば、暗がりで人形を人と見まちがえたり、ホースを蛇と見まちがえたりするのが錯視です。

錯覚(錯視)は、健常者でも起こりますが、認知症を発症すると頻度が上がる傾向にあります。

認知症の周辺症状10:暴力・暴言

認知症が進行すると、感情をあらわにして暴言を吐いたり、暴力を振るったりすることがあります。

原因としては、脳が障害されることで感情のコントロール機能が低下していることが挙げられます。

また、認知症の影響によって不満や怒りを適切に表現できない、不安や焦りのはけ口がなくストレスを募らせているなどの原因で、暴言や暴力に至ることもあります。

認知症の周辺症状11:拒否

認知症の人は、家族や周囲の人のサポートや介護を拒否することがあります。

入浴、食事、排泄、歩行など日常生活に介助が必要な場合でも頑なに拒否し、体調不良、失禁、家族との関係悪化などを招いてしまいます。

望んでいないことを介助された、介護の方法が気に食わない、家族や周囲の人が気に入らないなどの原因が考えられますが、認知症の人は気持ちや意見をうまく表現できないことが多いため、介護する側は対応に困ります。

認知症の周辺症状12:睡眠障害

一般的に、年齢を重ねるにつれて眠りが浅くなり、睡眠時間が短くなる傾向がありますが、認知症の人は、睡眠について加齢では説明できないレベルの変化が起こることがあります。

認知症を発症すると脳の神経細胞が変性しますが、その過程で、覚醒状態を維持する神経細胞が壊れることがあります。

また、認知症の諸症状の影響で日中の活動が制限され、昼寝の頻度が増加することにより、夜の睡眠時間が短くなってしまいます。

加えて、体内時計を調節する神経細胞が壊れて睡眠と覚醒のリズムが狂い、昼夜逆転や不眠などの障害が起こります。

認知症の周辺症状13:異食

異食とは、食べることができないものを食べようとしたり、実際に食べたりすることです。

認知症の人は、見当識が障害されることにより、食べることができる物かどうかの判断がつかなくなって、目の前にあるものを何でも口にすることがあります。

認知症の周辺症状14:食べない

認知症を発症すると、食事を食べないという症状が出ることがあります。

原因としては、見当識障害によって食べ物かどうか分からなくなる、失行によって飲み込み方が分からなくなる、咀嚼・嚥下機能の低下などが考えられます。

レビー小体型認知症の人は、パーキンソン症状の一つである嚥下障害(口に入れたものを飲み込むことの障害)により、食べたくても食べられない、食事に対する意欲が低下するなどの症状が出ることがあります。

関連記事

認知症とは?原因と種類、症状、対応、認知症テストと予防まで解説

>>>「認知症」の記事一覧に戻る

幼児教育・保育の無償化
離婚調停
シングルマザー

読まれている記事

  1. 履行勧告 申出書 養育費 面会交流

    履行勧告とは?養育費や面会交流の勧告は電話?勧告書を無視すると?

  2. 離婚後の手続 住民票 戸籍 苗字

    離婚後の手続き一覧リスト!子供の扶養など離婚後にやることの順番は?

  3. 離婚調停 期間 流れ 費用

    離婚調停とは?期間・流れ・費用から弁護士の要否までまとめて解説

  4. 離婚届

    離婚届のダウンロードと書き方!コンビニ印刷の用紙と様式は全国共通?

  5. 別居 離婚

    離婚前に別居する方法と生活費や住民票は?児童扶養手当は受給できる?

  6. 離婚協議書 公正証書

    離婚協議書の書き方サンプル~自分で作成して公正証書にするまで~

  7. 離婚調停 相手方 準備

    離婚調停を申し立てられた相手方が調停第1回期日までに準備すること

  8. 離婚調停 弁護士

    離婚調停に弁護士は必要?メリット・デメリット、選び方と費用も解説

  9. 養育費 強制執行 手続き 流れ

    養育費の強制執行手続きの流れと費用は?給与債権差押えの特例とは?

  10. 専業主婦 離婚 準備

    専業主婦の離婚準備:仕事と生活費、子どもの親権、年金のことなど

ページ上部へ戻る