胎児認知とは?胎児認知届の必要書類と戸籍の記載、デメリットは?

胎児認知
スポンサーリンク

認知は、子どもが生まれる前の胎児の段階ですることができます。

子どもが胎児のうちにする認知は「胎児認知」と呼ばれて通常の認知と区別されますが、違いについて理解している人は多くありません。

胎児認知とは

胎児認知とは、子どもが母親の胎内にいる段階で、子どもの父親が「母親が妊娠しているのは自分の子どもである。」と認めて認知の届出をすることです。

胎児認知は、民法第783条第1項に規定されています。

父は、胎内に在る子でも、認知することができる。この場合においては、母の承諾を得なければならない。

(民法第783条第1項)

認知の効果

婚姻関係のない男女の間に生まれた子ども(非嫡出子)は、母子関係は分娩の事実によって明らかになりますが、父子関係については嫡出推定がないため明らかにならず、出生後は母親の戸籍に入りますが父親欄は空欄のままです。

こうした状態で、子どもの父親が「自分の子どもである」と認めて認知の届出をすることにより、法律上の父子関係が発生し、親子関係に基づく以下のような効果が生じます。

  • 子どもの戸籍:父親欄に認知をした男性の氏名が記載される
  • 親子の扶養義務:父親が子どもを扶養する義務が生じ、養育費を請求できる
  • 相続権:父親死亡時に子どもに相続権が発生する
  • 準正:父親が子どもを認知し、父母が婚姻すれば、子どもは嫡出子の身分を取得する

胎児認知の目的

胎児認知の制度は、明治民法において、父親が病気や怪我などで死亡するおそれがある場合などに、子どもが生まれてくる前に認知をして父子関係を明らかにしておく目的で規定されました。

当時の規定が、現行民法にもそのまま残っているのです。

胎児認知がされるケース

近年は、父親が死亡するおそれがあるケースで胎児認知がなされるのはごく稀で、事実婚関係にある男女や外国人女性と日本人男性が子どもを授かった場合に利用されています。

特に、法律上の婚姻をしていない外国人女性と日本人男性が子どもを授かった場合については、子どもに日本国籍を取得させるために日本人男性が胎児認知するケースが多くなっています。

日本の国籍法では、子どもは、「出生の時に父又は母が日本国民であるとき」に出生と同時に日本国籍を取得すると規定されています。

子は、次の場合には、日本国民とする。

一 出生の時に父又は母が日本国民であるとき。

二 出生前に死亡した父が死亡の時に日本国民であつたとき。

三 日本で生まれた場合において、父母がともに知れないとき、又は国籍を有しないとき。

(国籍法第2条)

日本人女性から生まれた場合、分娩の事実により母子関係が明らかであるため、子どもは当然に日本国籍を取得できます。

また、外国人女性と日本人男性が法律上の婚姻をしている場合は、嫡出推定により子どもは日本人男性の子どもと推定され、やはり子供は日本国籍を取得します。

しかし、外国人女性と日本人男性が法律上の婚姻をしていない場合、母親は外国籍なので「母が日本国民であるとき」に当てはまらず、法律上の父子関係が未確定なので「父が日本国民であるとき」にも当てはまらず、出生と同時に日本国籍を取得できません。

そこで、外国人女性が妊娠した時点で日本人男性が胎児認知をして父子関係が明らかにすることで、「父が日本国民であるとき」という規定によって子どもが出生と同時に日本国籍を獲得できるようにするのです。

胎児認知のメリットとデメリット

胎児認知のメリットとデメリットについて確認していきます。

胎児認知のメリット

胎児認知の最大のメリットは、早期に法律上の父子関係を確定させることにより、子どもの身分を安定させられることです。

父子関係が確定することで、子どもの戸籍に父親が記載され、父親に子どもに対する扶養義務や相続権が生じる上、父母が婚姻すれば子どもが嫡出子の身分を取得できるなどのメリットがあり、そうしたメリットを早い段階で確定させておくことができるのです。

例えば、子どもの出生前に父母の関係が悪化して破たんしても、子どもが出生した後は親子の扶養義務に基づいて父親に養育費を請求することができますし、子どもの出生前に父親が死亡しても、子どもは父親の相続人として財産を取得することができます。

胎児認知のデメリット

胎児認知では、子どもが生まれる前に認知をするため、実際に親子関係が存在するか否かを確認する術がなく、実の父親ではない男性が胎児認知をしてしまうことがあります。

例えば、母親となる女性が交際相手(胎児認知した男性)とは別の男性とも性的関係を持ち、その男性の子どもを妊娠していた場合に、交際相手が自分の子どもだと思い込んで胎児認知をするというケースが起こり得るのです。

子どもが生まれた後に親子関係がないことが明らかになったとしても、認知を取り消すことは認められていないため、認知無効の訴えを提起して、裁判所に認知の無効を認められないと親子関係が解消されません。

認知をした父又は母は、その認知を取り消すことができない。

(民法第785条)

認知無効の訴えが認められない限り、父子関係がないことが明らかでも扶養義務を負い、死亡時にはあかの他人の子どもに財産を相続されるおそれがります。

また、戸籍にも認知の事実が記載されたままとなり、婚姻などにも影響をお呼びしかねません。

胎児認知はいつからできるか

民法には、いつから胎児認知ができるかについては規定されていません。

また、胎児認知をするときに、母子健康手帳など妊娠を証明する資料の提出を求められることもありません(後述のとおり、母親の承諾書は必要です。)。

したがって、女性の妊娠が分かった時点で胎児認知をしても、書類上の不備不足がなければ届出は受理されます。

実務上は、妊娠発覚直後よりも、妊娠届出書を作成して市区町村役場に妊娠を届け出て母子健康手帳を発行してもらう時期や、女性が安定期に入った後に、男女が一緒に市区町村役場へ行って胎児認知を行うケースが多くなっています。

胎児認知届出書の用紙の入手方法・書き方、必要書類

胎児認知届の準備について確認していきます。

胎児認知届出書の入手方法

胎児認知届に使用する用紙(通常の認知届の書式と同じ届出書)は、市区町村役場の戸籍担当課(名称は自治体によって異なる)で交付してもらうか、ネット上でダウンロードして入手します。

戸籍法第60条から第65条や戸籍法施行規則に基づく全国共通の様式なので、他地域の自治体のウェブサイトからダウンロードした認知届でも使用できますが、届出先が印字されていることがあるので、注意してください。

札幌市役所ホームページからダウンロードできる認知届は宛先などの記載がなく、プリントアウトすれば他地域でも使用できます。

プリントアウト時はA4用紙を使用してください。

認知届の入手方法や一般的な書き方については、関連記事で詳しく解説しています。

関連記事

認知届とは?ダウンロード方法から書き方、必要書類、提出先まで解説

胎児認知届出書の書き方

基本的には、通常の認知届と同じく記載例を参考にして作成することになります。

ただし、胎児認知届出書の作成時点で子どもが生まれておらず、氏名も決まっていないことが多いため、通常の認知届とは異なる記載をする箇所があります。

「認知される子」欄の「氏名(よみかた)、生年月日」

「認知される子」欄の認知をする子どもの氏名(よみかた)には「胎児」と記載します。

生年月日は空欄、父母との続き柄も空欄にしておきます。

「認知される子」欄の「住所、本籍」

妊娠中の母親の住所と本籍(筆頭者の氏名)を記載します。

認知の種別

胎児認知という欄はありません。

胎児認知は父親が任意で行う認知なので、任意認知にチェックしてください。

その他

胎児認知にチェックをします。

胎児認知届には、子どもの母親の同意が必要となります。

通常は、母の承諾書(母親が胎児認知に同意した旨を記載して署名押印した文書)を添付する必要がありますが、その他欄に同様の内容を記載して署名押印することで代えることも認められています。

胎児認知届の必要書類

胎児認知届に必要な書類は、以下のとおりです。

  • 胎児認知届書:1通
  • 印鑑:認印可
  • 戸籍謄本(全部事項証明書):父及び認知される胎児の母)の戸籍謄本(本籍地以外で届出を行う場合)
  • 承諾書:認知される胎児の母の承諾書
  • 届出人の本人確認書類:運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードなど

胎児認知届の提出と戸籍記載、出生届の提出

胎児認知届出書を作成して必要書類を揃えたら、胎児認知届を提出します。

届出人

認知する父です。

届出先

認知される胎児の母の本籍地です。

届出期限

設定されていません。

生まれてくる子供の国籍を気にする場合は、出産前に行って行っておく必要があります。

胎児認知届が受理された後

胎児認知届は、受理されても通常の認知届のように父親の戸籍の記載に変動はなく、子どもの母親の戸籍附票にだけ胎児認知がされた事実が記載されるだけです。

父親の戸籍に認知をした事実が記載されるのは、子どもが生まれて母親の戸籍に入った時点です。

子どもの戸籍
  • 父親欄に認知をした男性の氏名が記載
  • 認知日、認知者の氏名、認知者の戸籍、送付を受けた日、受理者が記載
父親の戸籍 認知日、認知した子の氏名、認知した子の氏名が記載

なお、胎児認知した後に流産などで胎児が生まれなかったときは、母親の戸籍附票から胎児認知の記載が削除されるだけで、父親の戸籍には何も変動はありません。

出生届の記載

婚姻関係にない男女の間に生まれた子どもの出生届を提出する場合、そのままでは法律上の父親が未確定の状態なので、父親欄を空欄にしておかないとが受理されません。

一方で、胎児認知した子どもの場合は、出生前に認知によって法律上の父子関係が確定しているため、出生届の父親欄に胎児認知した父親の氏名を記載する必要があります。

父親が胎児認知を拒否した場合

胎児認知は扶養義務など子どもに対する重い義務を背負う行為であり、「妊娠した女性と添い遂げたい」、「親としての責任を果たしたい」などの強い意思がない父親の場合、「自分の子どもだとは思うが、認知したくない。」と認知を拒否することがあります。

父親が胎児認知を拒んだ場合、母親は認知の訴えを提起して強制的に認知させる方法を選択することができます。

ただし、「認知に関する問題については、第一次的には父母間の協議によって解決すべきであり、協議で解決できない場合に判断を示す」というのが家庭裁判所の方針(調停前置主義)です。

したがって、父親が胎児認知を拒否したら、認知調停(特殊調停事件)を申し立てて、調停委員会を交えて認知について協議しなければなりません。

スポンサーリンク

そして、認知調停を経ても父親が認知を拒み続けて調停が不成立で終了した場合に、最終的な手段として認知の訴えを起こすことになります。

父母の協議→認知調停不成立→認知の訴えを提起

>>>「子ども」の記事一覧に戻る

アバター

離婚ハンドブック編集部

投稿者プロフィール

家事事件(離婚、遺産分割、成年後見など)を専門に取り扱って11年になります。
これまでの実務経験から、当事者自身が離婚に関する知識を得て、自分で考えて判断することが「後悔の少ない離婚」につながるという考えており、その考えに基づいて「離婚ハンドブック」を運営しています。
サイト上では詳細なプロフィールは明かしておらず、仕事の依頼も受けていません。

この著者の最新の記事

離婚調停
シングルマザー

読まれている記事

  1. 離婚協議書 公正証書

    離婚協議書の書き方サンプル~自分で作成して公正証書にするまで~

  2. 養育費 強制執行 手続き 流れ

    養育費の強制執行手続きの流れと費用は?給与債権差押えの特例とは?

  3. 離婚調停 弁護士

    離婚調停に弁護士は必要?メリット・デメリット、選び方と費用も解説

  4. 離婚調停 相手方 準備

    離婚調停を申し立てられた相手方が調停第1回期日までに準備すること

  5. 離婚調停 期間 流れ 費用

    離婚調停とは?期間・流れ・費用から弁護士の要否までまとめて解説

  6. 離婚後の手続 住民票 戸籍 苗字

    離婚後の手続き一覧!子供の扶養など離婚後にやることのリストと順番

  7. 離婚調停 成立 調停条項

    調停調書の調停条項とは?離婚成立時は養育費や年金分割も記載する?

  8. 離婚裁判 流れ

    離婚裁判の流れ:訴訟管轄から費用、期間、控訴、確定までを解説

  9. 大人の発達障害 離婚

    離婚原因は夫の発達障害?大人の発達障害が夫婦関係に与える影響は?

  10. モラハラ 離婚

    モラハラで離婚できる?モラルハラスメントで離婚や慰謝料請求する方法

ピックアップ記事

  1. 借金 離婚
  2. 離婚 効果 戸籍 氏 姻族関係
  3. カサンドラ症候群 離婚
  4. 熟年離婚 準備 離婚届
  5. アルコール依存症
  6. DV 離婚
  7. 子どもの障害 離婚
  8. セックスレス 離婚
ページ上部へ戻る