タクティールケアとは?やり方・方法と効果は?研修や資格は?

タクティールケア 認知症

認知症の介護では、暴言・暴行、介護の拒否など周辺症状(BPSD)に悩まされることが多いです。

タクティールケアは、認知症の周辺症状(BPSD)を和らげる方法として注目される手法で、介護の現場で実践される機会が増えており、テレビなどで照会されることもあります。

この記事では、タクティールケアとは、やり方・方法、効果、研修や資格について解説します。

タクティールケアとは

タクティールケアとは、福祉大国スウェーデン発祥のタッチケアです。

1960年代にスウェーデンの看護士シーヴ・アーデビー(Siv Ardeby)やグニッラ・ビルケスタッド(Gunilla Birkestad)が考案したマッサージ法で、タクティール、タクティールマッサージと呼ばれることもあります。

タクティール(takutil)とは、ラテン語で「触れる」を意味する「tactilis」に由来する言葉です。

タクティールケアは、一般的なマッサージのように人体のツボや筋肉を刺激するのではなく、患者の皮膚に優しく継続的に触れることで不安を和らげます。

未熟児のケア、がんの緩和ケア、ストレスケアなどに活用されている他、認知症の周辺症状(BPSD)のケアとしても取り入れられるようになっています。

タクティールケアの効果

タクティールケアの一番の効果は、不安の緩和です。

赤ちゃんを抱っこする、子供の手をつなぐ、恋人と抱き合う、親の腰をさするなど、人は日常生活の多くの場面で他人に触れ、安心感を得たり、与えたりしています。

「触れる」という行為は、人を安心させて不安を和らげる効果があり、タクティールケアでも同じ効果が生じます。

不安が和らぐことで精神的に落ち着き、気持ちもポジティブになるなど副次的な効果も得られます。

タクティールケアとオキシトシン

タクティールケアの効果には、オキシトシンというホルモンが関係していると考えらえています。

オキシトシンとは、脳下垂体小葉から分泌されるホルモンです。

オキシトシンは、「幸せホルモン」や「愛情ホルモン」という通称で知られ、分娩や母乳分泌を促進する効果があることで知られていますが、不安やストレスを和らげる効果があることが分かっています。

タクティールケアにより皮膚に触れることで、触覚が刺激されてオキシトシンが分泌され、血液の流れによって体内に広がって不安やストレスを和らげられるのです。

また、脊髄にある脳に痛みを伝えるゲートを閉じることにより、痛みを感じにくくする効果もあります。

認知症患者に対するタクティールケアの効果

認知症ケアの現場では、主に認知症の周辺症状(BPSD)の緩和を目的としてタクティールケアが取り入れられています。

タクティールケアによりすべての周辺症状が緩和されるわけではありません。

しかし、周辺症状の多くは、中核症状に本人の性格、置かれた状況、環境などが絡み合って生じているところ、タクティールケアによって不安が和らいで精神的に落ち着くことで、症状も緩和されるケースは少なくありません。

例えば、「暴言・暴行が見られた認知症患者にタクティールケアを継続したところ、暴行がなくなり、暴言も少なくなった。」、「介護を拒否し続けていた人が、日によって介護を受け入れてくれるようになった。」などの報告が上がっています。

タクティールケアのやり方・方法

タクティールケアは、手、頭、顔、お腹へのケアなど様々な種類があります。

この記事では、日本において認知症患者へのケアとして広まりつつある手へのタクティールケアの一般的なやり方・方法について見ていきます。

  1. 相手と向き合ってイスに座る
  2. 左手の手の平を上にして相手の前に差し出し、相手の右手を乗せる
  3. 右手の手の平で、相手の右手の甲を包む(両手の平で挟み込む)
  4. 3.の状態で10秒間キープする
  5. 両手を、相手の右手の指の方へスライドさせる
  6. 両手が相手の右手の指先に届いたら、片手ずつ3.の状態に戻す
  7. 1.~6.を10分間程度繰り返す
  8. 相手の左手でも1.~7.を行う

タクティールケアでは、ただ相手に「触れる」のではなく、相手の気持ちに寄り添うことが大切です。

そのため、相手と同じ目線の高さで向き合ってイスに座ります。

また、「やさしく」、「穏やかに」、「ゆっくりと」、「撫でるように」、「そっと」など、赤ちゃんや子どもに触れるような触れ方を心がけてください。

相手の手をしっかり両手で包み込み、片方の手は常に相手の手に密着させておくことが大切です。

指先だけで触れる、短時間だけ触れるなどは、「触れたくないんだろうか。」、「早く終わらせたいんだろうか。」と相手に不安や不満を与えてしまうので、注意が必要です。

「手を握る」ことは、相手によっては痛みを感じることがあるので、あくまで相手の手を包み込むことを意識しておきましょう。

また、掴む、引っ張る、強く押さえるなども、相手に恐怖や不快感を与えることになるので控えてください。

タクティールケアの研修・資格

日本では、株式会社日本スウェーデン福祉研究所(JSCI)がタクティールケアの講習を開催しています。

JSCIにおけるタクティールケア講習の種類は、以下のとおりです。

  • 認知症緩和ケア初級
  • タクティールⓇケア
  • タクティールⓇケア|フォローアップ
  • ご家族向けタクティールⓇケアファミリーハンドコース
  • タクティールⓇケアⅡ
  • タクティールⓇケアⅡフォローアップ

各講習は、JSCIが全国各地の病院や施設、研修会場などで開催しています。

認知症緩和ケア初級講習は、全国8箇所の病院等で受講することができます(各会場で年1回の開催)。

各講習を修了すると、認定資格を得ることができます。

認定資格は更新制で、5年ごとに更新する必要があります。

また、2017年度からタクティールケアセラピストのライセンス制度も導入されています。

認知症ケアでタクティールケアを取り入れるメリット

認知症ケアでタクティールケアを取り入れるメリットは、まず、認知症の人の不安を緩和することにより、暴言・暴行や介護の拒否などの落ち着き、介護がしやすくなることです。

タクティールケアは、「触れる」という行為を通して、認知症の人が「介護者に大切にされている。」、「一人の人間として接してもらえている。」と思えることで、介護者との関係性も改善していきます。

また、介護者と認知症の人の関係性が改善すると、認知症の人が「人間らしい生活を送りたい」という意欲を高め、身だしなみを気にしたり、挨拶をし始めたりするなど、社会性を取り戻すケースも報告されています。

タクティールケアの注意点

タクティールケアは、「手を握るだけ。」、「相手の身体に触れるだけ。」だと勘違いされがちです。

しかし、相手との向き合い方、距離、目線、触れ方、触れている時間など、実際のケア場面では様々なことを考え、相手の状態に応じて臨機応変に対応する必要があります。

そのためには、タクティールケアのやり方・方法を学習するだけでなく、認知症に関する正しい知識を得て、ケアする相手の症状や状態を正しく把握しなくてはなりません。

また、なによりも、相手を尊重して寄り添う気持ちを持っていないと、タクティールケアを実践しても思うような効果は得られず、むしろ、認知症の周辺症状が進行したり、認知症の人と介護者の関係性を悪化させたりすることになりかねません。

なお、タクティールケアの効果は、個人差がとても大きく、実践すれば必ず効果が現れるわけではないので、他のケアと並行して行うことも大切です。

関連記事

認知症とは?原因と種類、症状、対応、認知症テストと予防まで解説

>>>「認知症」の記事一覧に戻る

ページ上部へ戻る