浮気調査を自分でやる方法!ライン確認やアプリが基本?探偵は必要?

浮気調査

配偶者の浮気について慰謝料請求したり、離婚訴訟で浮気を婚姻関係の破綻原因として主張したりするには、証拠をつかむ必要があります。

浮気調査といえば探偵事務所や興信所に依頼するイメージが根強いですが、近年は、浮気の証拠を掴みやすくなっており、方法さえ覚えれば自力で調査することも可能です。

浮気調査の方法

自力で浮気調査をする方法は、配偶者のスマートフォンの確認から友人知人への確認まで様々です。

スマートフォンのメールを確認する

自力で行う浮気調査の基本は、メールの確認です。

スマートフォンのメールフォルダを確認し、特定人物とプライベートなやりとりを繰り返していないか、浮気が疑われる内容のメールの有無などを確認します。

受信フォルダと送信フォルダだけでなく、削除済みフォルダ(ゴミ箱)や迷惑メールフォルダも確認してください。

また、読んだ後に未読にして保存している場合もあるため、未読メールも確認することが重要です。

Yahoo!やGoogleなどのフリーメールを使用している場合、事前にアカウント情報を入手する必要があるため、ハードルが上がります。

スマートフォンの写真や動画を確認する

スマートフォンのカメラ機能を使用して撮影した画像や動画は、機器本体のストレージ(データ保管庫)に保存されます。

そのため、配偶者のスマートフォン本体に保存された画像や動画に浮気が疑われるものがないか確認します。

なお、撮影した画像や動画をクラウド内に保存している可能性もあるため、クラウドも確認対象です。

SDカードやパソコンなどで保管されている場合は、スマートフォンを確認するだけでは閲覧できず、SDカードの保管場所特定や、パソコンフォルダの精査など手間と時間がかかることになります。

検索履歴を確認する

スマートフォン、タブレット、パソコンなどのネット検索履歴を確認する方法も有効です。

行った覚えのないホテル、購入してもらった覚えのない高額商品、行く予定のない旅行先などに関する履歴が残っていれば、浮気している可能性を疑います。

ただし、サプライズの準備をしている可能性もあるため、疑わしい履歴を見つけても当面は静観すべきです。

ライン(LINE)を確認する

ラインは、多くのスマートフォンユーザーが利用している無料チャットアプリですが、浮気ツールとして活用する人が少なからずいます。

浮気調査として配偶者のラインを確認するポイントは3つです。

ラインで浮気調査1:設定を確認する

配偶者が以下の設定をしている場合、浮気の可能性があります。

  • ラインのロック機能をオンにしている:ラインそのものを見られないようにするため
  • 「メッセージ通知の内容表示」をオフにしている:メッセージの内容を見られないようにするため
  • 友だちの表示名を変えている:異性であることを知られないようにするため

ラインで浮気調査2:トーク履歴を確認する

トーク履歴に浮気が疑われる内容が記載されていないかどうかを確認します。

特定のトーク履歴のみ削除されている場合は、浮気が発覚しないよう配偶者が削除した可能性が高いと言えます。

ラインで浮気調査3:非表示リストとブロックリストを確認する

ラインには、特定の友だちを非表示またはブロックする機能があります。

知らない相手や関わりたくない相手などを指定して入れておくリストですが、友だちリストに浮気相手を表示させないために利用する人は少なくありません。

非表示リストまたはブロックリストに見慣れない異性が入っていたら、浮気相手である可能性を疑います。

財布や衣服を確認する

財布や衣服の確認は、手軽に浮気の証拠を押さえられる方法として昔から使われてきましたが、現在もなお、有効です。

財布や衣服のポケットにホテルのポイントカードや送られた覚えのない装飾品を購入したレシートなどが入っていれば、浮気を疑います。

また、見慣れない異性用の装飾品や避妊具などが入っていた場合も要注意です。

SNS(FacebookやTwitterなど)を確認する

FacebookやTwitterを出会いの場として活用する人は少なからずおり、実際にSNSでのやりとりから浮気に発展するケースも珍しくありません。

配偶者のSNSを閲覧し、浮気が疑われるようなやりとりがないかを確認するのも重要な調査です。

いずれのSNSも常にログイン状態になっていれば確認が楽ですが、逐一ログアウトされている場合、事前にアカウント情報を入手しなければならず、確認が難しいこともあります。

出会い系アプリがダウンロードされているか否かを確認する

一昔前は出会い系サイトが流行りましたが、近年は出会い系アプリと呼ばれるスマートフォン用のアプリがいくつもリリースされており、浮気相手を見つける手段の一つとなっています。

配偶者のスマートフォンに出会い系アプリがダウンロードされていた場合、「浮気をしている」または「浮気しようとしている」と考えられます。

注意したいのは、ほとんどのスマートフォンにはアプリを非表示にする機能があり、ホーム画面上に全てのアプリが表示されていない可能性があることです。

ダウンロードされた全てのアプリを確認するには、androidの場合は「設定>アプリ」とタップし、iPhoneの場合はApp Storeを閲覧する必要があります。

クレジットカードの明細を確認する

配偶者と同居している場合は、クレジットカードの明細を確認することも有効な浮気調査です。

チェックすべきなのは、引落しの日時、金額、内容です。

高額商品の購入が確認できた場合は、Amazonなど通販サイトの履歴も検索し、購入した商品を探ります。

なお、クレジットカードの明細は、明細書が郵送される場合と、メールなどで届く場合、カード会社のウェブサイトやアプリで確認できる場合があります。

明細書であれば直に確認することができますが、メールやネット上の確認の場合は、事前にアカウント情報を入手する必要があるためハードルが上がります。

配偶者のパソコンのフォルダやスマートフォンのメモ帳などにアカウント情報が残っていないか確認し、残っていなければ個人で調査するのは難しいと考えてください。

友人知人に確認する

配偶者が友人知人と会いに行くと言って家を出た場合に、当人に配偶者との約束の有無を確認する方法も効果があります。

ただし、配偶者と口裏を合わせている場合や、空気を察して適当にごまかす人もいるため、注意が必要です。

浮気調査アプリを使用する

浮気調査アプリとは、浮気調査に役立つアプリのことです。

浮気調査アプリというアプリがあるわけではなく、浮気調査に役立つアプリをまとめて浮気調査アプリといいます。

浮気調査アプリを活用することにより、以下のような調査を行うことができます。

  • 配偶者のスマートフォンの現在地
  • 配偶者の移動経路(寄り道した場所)
  • 通話履歴
  • SNSやチャットの履歴閲覧
  • スマートフォン内の画像や動画の閲覧
  • カメラアプリの強制起動と遠隔操作
  • 周囲の音声の録音など

配偶者がスマートフォンを所有していれば、浮気調査アプリで様々な浮気調査を行い、確たる証拠を掴むことができます。

注意したいのは、浮気調査アプリを使用することは、配偶者とはいえ他人のスマートフォンを無断で操作する違法行為であり、アプリ使用が発覚すると不正アクセス禁止法違反に問われるおそれがあります。

また、不正に入手した証拠は、証拠として認定されないケースも少なくありません。

浮気調査の強力なツールではありますが、リスクも相当に高いのです。

そのため、浮気調査アプリを使用する場合は、配偶者に浮気を心配していることを率直に伝え、配偶者自身にアプリをダウンロードしてもらうのが原則です。

配偶者の許可を得ていれば違法行為として罪に問われることはありませんし、浮気していた場合に自重させることにもつながります。

探偵に依頼する必要性

解説したとおり、その気になれば配偶者の浮気調査を自力で行うことは可能です。

しかし、自力で調査して集めた浮気の証拠が、相手の反論を許さないレベルのものであるか、また、裁判の証拠として通用するレベルのものであるかといえば、必ずしもそうとは限りません。

浮気調査の目的は、離婚や慰謝料請求のために「使える証拠」を集めることです。

自力の浮気調査でも証拠収集は可能ですが、仕事や家事育児をこなしながら限られた時間の中で行う浮気調査には限界があり、「使える証拠」を収集できる確率という観点で見ると不十分なことが多いものです。

また、浮気を調査していることが配偶者に知られ、浮気の証拠を隠滅されるおそれもあります。

実際のところ、自力で浮気調査をしていることが配偶者に知られて証拠を隠滅され、調査方法が違法であるとして訴えられたケースも報告されています。

そのため、裁判などで「使える証拠」を安全かつ確実に集めたい場合は、探偵事務所や興信所など調査の専門機関への依頼を検討してください。

 

>>>「協議離婚」の記事一覧に戻る

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アバター

離婚ハンドブック編集部

投稿者プロフィール

家事事件(離婚、遺産分割、成年後見など)を専門に取り扱って11年になります。
これまでの実務経験から、当事者自身が離婚に関する知識を得て、自分で考えて判断することが「後悔の少ない離婚」につながるという考えており、その考えに基づいて「離婚ハンドブック」を運営しています。
サイト上では詳細なプロフィールは明かしておらず、仕事の依頼も受けていません。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る