若年性認知症とは?初期症状と症状・原因・診断・治療方法は?

スポンサーリンク

認知症は、高齢者だけの病気ではなく、若いうちから発症することがあります。

65歳未満で発症した認知症を若年性認知症といい、症状や原因は高齢者の認知症と同じですが、若いうちに発症することで仕事や家庭において様々な問題が生じます。

この記事では、若年性認知症の概要、好発年齢、原因、症状(初期症状と主な症状)について解説します。

若年性認知症とは

若年性認知症とは、65歳未満で発症した認知症のことです。

一般的に、認知症は高齢者の病気だと思われがちですが、実際は若いうちに発症することもあります。

しかし、物忘れがひどくなる、見当識が障害されるなど認知症の症状が出ていても、若さを理由に認知症を疑わず放置してしまいがちです。

また、認知症の専門医でないと、若年性認知症とうつ病をはじめとする精神疾患などを区別することが難しく、誤診や診断に時間を要することがあります。

そのため、若年性認知症の診断を受けた時には、すでに日常生活に深刻な支障を及ぼすレベルまで症状が進行していることが少なくありません。

若年性認知症の患者数と男女比

厚生労働省が2009年3月に発表した調査結果では、若年性認知症の患者は約37,800人いると推計されています。

  • 日本全国の若年性認知症の患者数:約37,800人
  • 18~64歳人口における人口10万人あたりの患者数:47.6人
  • 男女比:男性の方が女性より多い

若年性認知症の好発年齢

若年性認知症の好発年齢は、40~60歳頃です。

厚生労働省が2009年3月に発表した調査結果では、推定発症年齢は平均51歳±9.8歳となっています。

年齢ごとの認知症有病率

年齢階層別(5歳ごと)の若年性認知症有病率は、以下のとおりです。

年齢 人口10万人あたりの有病率(人) 推定患者数(人)
男性 女性 総数
18~19 1.6 0 0.8 20
20~24 7.8 2.2 5.1 370
25~29 8.3 3.1 5.8 450
30~34 9.2 2.5 5.9 550
35~39 11.3 6.5 8.9 840
40~44 18.5 11.2 14.8 1220
45~49 33.6 20.6 27.1 2090
50~54 68.1 34.9 51.7 4160
55~59 144.5 85.2 115.1 12010
60~64 222.1 155.2 189.3 16040
18~64 57.8 36.7 47.6 37750

出展:厚生労働省:若年性認知症の実態等に関する調査結果の概要及び厚生労働省の若年性認知症対策について

推定ですが、10代や20代の頃から発症する可能性があることが分かります。

若年性認知症の原因

若年性認知症の原因疾患は、アルツハイマー病、脳血管障害(脳梗塞や脳出血など)、レビー小体病、前頭側頭葉変性症など高齢者の認知症と同じです。

しかし、高齢者の認知症と比較して脳血管性障害とアルツハイマー病による発症が多く、また、頭部外傷の後遺症や多量のアルコール摂取など様々な原因で発症します。

若年性認知症の原因

出展:厚生労働省:若年性認知症の実態等に関する調査結果の概要及び厚生労働省の若年性認知症対策について

若年性認知症の原因疾患のうち、上位3つについて見ておきましょう。

若年性認知症の原因1:脳血管障害(脳血管性認知症)

脳血管障害とは、病気やけがなどにより脳の血管が障害されて生じる病気の総称です。

脳血管障害によって起こる認知症を脳血管性認知症といいます。

認知症を引き起こす脳血管障害には、脳内出血やくも膜下出血などの脳出血、脳血栓や脳塞栓などの脳梗塞などがあり、これらの発作によって意識の低下、睡眠障害、麻痺、言語障害などの症状が現れます。

発作が治まった後も麻痺や言語障害などが残存する他、意欲の低下、記憶障害、注意力や集中力の低下などの症状が現れ、日常生活に支障を及ぼすようになります。

脳血管性認知症の治療では、原因疾患を治療して発作の再発を予防するとともに、リハビリテーションや生活習慣の改善に取り組むことになります。

若年性認知症の原因2:アルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)

アルツハイマー病とは、高齢者の認知症の代表的な原因疾患です。

脳にアミロイドβというたんぱく質の塊(かたまり)が過剰に増えることで脳の神経細胞が壊れ、脳が委縮することで起こると考えられています。

なお、アルツハイマー病を原因とする若年性認知症は、ごく低確率ではあるものの遺伝により発症することがあります。

アルツハイマー型認知症の症状は、まず記憶障害からはじまり、見当識障害、実行機能障害、判断力の低下などが起こります。

初期の頃は仕事や家事に対する意欲が低下し、感情表出も乏しくなりますが、「疲れ」や「ストレス」が原因だと考えて放置してしまいがちです。

薬物療法と非薬物療法(リハビリテーション療法)を組み合わせて治療しますが、失われた認知機能を回復させたり症状をなくしたりすることはできず、症状の進行を遅らせるとともに、日常生活の支障を和らげるにとどまります。

若年性認知症の原因3:頭部外傷後遺症

頭部を強打するなどして脳が損傷し、後遺症として認知症を発症します。

頭部外傷は、交通事故、スポーツ中の事故、ケンカ、事件に巻き込まれるなど様々な原因によって起こり得ますが、損傷された部位によっては認知症を発症するリスクがあります。

若年性認知症の症状

認知症の症状は、中核症状と周辺症状(BPSD)の2つに分けることができます。

若年性認知症の場合も、中核症状と周辺症状(BPSD)が現れます。

若年性認知症の中核症状

中核症状とは、脳が障害されることで起こる、認知症の人に必ず見られる症状です。

記憶障害

若年性認知症の初期から時期から見られるのが症状の一つが記憶障害です。

ほんの少し前にした約束を覚えておけなかったり、ずっと前から予定されていた大切な予定を忘れたりするようになります。

物忘れやいわゆる「ど忘れ」は「記憶しているけれど、うまく思い出せない状態」なので、ヒントを与えると思い出すことができます。

しかし、認知症の記憶障害は、約束や予定を入れたこと自体を忘れている(記憶できていない)ため、ヒントを与えられても思い出すことができず、周囲の人と話がかみ合いません。

見当識障害

見当識とは、人、場所、時間、季節、年月日など自分が置かれた状況や自分のことを認識する力です。

記憶障害と同じく、若年性認知症の初期から障害されることが多くなっています。

例えば、年月日が分からなくなって書類の年月日欄に記入できなくなる、今いる場所が分からなくなって出張先から会社へ戻れなくなる、得意先の職員を認識できなくなり初対面であるかのように振る舞うなどの行動が見られることがあります。

理解の障害

物事を理解するのにかかる時間が長くなります。

会議の内容が理解できない、電話で買い物を頼まれたけれど何をどこで買うのか覚えられないなど、日常生活の様々な場面で影響が出てきます。

判断力の障害

理解力の低下とともに判断力も低下します。

例えば、散らかった部屋の片づけ方が分からなくなる、複数のメニューを同時に料理できなくなる、新しい場面に遭遇すると混乱する、お釣りの計算ができなくなるといった症状が現れます。

また、「外出の準備をして」と言われても何をして良いか分からなくなるなど、抽象的な表現を理解して実行することも困難になります。

実行機能障害

実行機能とは、計画を立て、計画に基づいて実行し、目的を達成することです。

実行機能が障害されることにより、例えば、献立を決めて必要な食材を買うことができなくなる、作り慣れた料理を失敗する、複数のメニューを同時に料理できなくなる、複数の家事を同時にこなせなくなるなどの症状が現れます。

失語・失認識・失行

症状が進行すると、失語(獲得した言葉をうまく使えなくなる)、失認識(五感で得た情報を正しく認識できなくなる)、失行(日常生活動作がうまくできなくなる)などの症状も現れます。

若年性認知症の周辺症状(BPSD)

周辺症状とは、中核症状やそれに伴う日常生活上の支障に、本人の性格、生活歴、周辺環境、他人との交流などが絡み合って生じる、行動の異常や精神症状です。

いわゆる二次症状ですが、家族や介護者にとっては中核症状よりも対応に苦慮することが多いものです。

不安

若年性認知症の人は、はっきりとした病識はなくても、記憶障害や見当識障害による失敗が重なり、当たり前にできていた仕事や家事がこなせなくなる現実を目の当たりにするうちに、「何となくおかしい。」という不安を感じるようになります。

しかし、不安を払しょくすることは困難で、引きこもる、抑うつ的になる、暴言や暴力で発散する、妄想に浸るなど、個人の性格や置かれた環境などによって様々な周辺症状を引き起こします。

幻覚

幻覚とは、実際には存在しない刺激を五感で知覚することです。

幻覚には、幻視(視覚)、幻聴(聴覚)、幻臭(嗅覚)、幻触(触覚)、幻味(味覚)などがあり、認知症の症状としては「そこにないもの」が見える幻視が多くなっています。

妄想

妄想とは、根拠のない誤った想像や信念、判断のことです。

認知症の症状として多いのは、大切な物が見当たらなくなった際に「誰かに盗まれた。」と妄想する物盗られ妄想です。

また、記憶障害などの影響で周囲の人と話がかみ合わなくなった状況について、「周囲の人が自分を陥れようとしている。」などと妄想することもあります。

暴言・暴行

感情をあらわにして暴言を吐く、暴力を振るうなどの症状が見られることもあります。

感情をコントロールする脳の部位が障害されることが主な原因と考えられています。

失語などの影響で不満や怒りを適切に表現できないことや、日々の不安や焦りを吐き出す先がないことが原因で、暴言や暴力に至ることもあります。

徘徊

徘徊とは、認知症の影響により、ウロウロと歩き回って帰ることができなくなる症状です。

若年性認知症の徘徊の原因は、妄想や幻覚によるものや場所の見当識障害によるものなど複数あります。

いずれの場合も本人は何らかの目的を持って徘徊していますが、目的地まで自力で辿り着くことはほぼなく、体調を崩したり、交通事故に遭ったり、行方不明になったりすることも少なくありません。

関連記事

認知症の症状は?中核症状と周辺症状(BPSD)の違いと関係は?

若年性認知症の特徴

若年性認知症は、原因や症状などは高齢者の認知症と同じですが、以下のような特徴があります。

  • 認知症だと気づきにくい
  • 診断に時間がかかりやすい
  • 原因となる疾患が多様
  • 経済的に困窮しやすい

認知症だと気づきにくい

一般的に、認知症は高齢者の病気だと思われがちです。

そのため、若いうちに物忘れ(記憶障害)や見当識障害が現れ、仕事や家庭に支障が出るようになっても、年齢を理由に認知症の可能性を除外してしまう傾向にあります。

また、若年性認知症の好発年齢は、職場ではいわゆる「働き盛り」として仕事をこなし、家庭でも家事育児で忙しく過ごす40代以降です。

多少の症状が出ても「疲れて集中力を欠いていた。」、「ストレスのせい。」などと考えて放置し、仕事や家事育児に追われて忘れてしまうことも多いものです。

さらに、初期のうちは、その場の流れで適当に話を合わせたり、うまくごまかしたりしてやり過ごしたりするため、周囲の人も気づきにくいものです。

うつ病などの精神疾患だと勘違いし、心療内科などを受診しても原因が分からず悩み続ける人もいます。

診断に時間がかかりやすい

若年性認知症の初期症状は、うつ病、更年期障害、脳腫瘍などの病気との鑑別が難しく、認知症の専門医でも診断までに時間がかかることがあります。

原因となる疾患が多様

高齢者の認知症の場合、原因疾患の約60%がアルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)、次いで約20%が脳血管性認知症、約10%がレビー小体型認知症で、この3つだけで約90%を占めています。

一方で、若年性認知症の原因は、脳血管性障害とアルツハイマー病が約65%を占めますが、頭部外傷後遺症、アルコール、前頭側頭葉変性症なども一定の割合を占めています。

関連記事

認知症の原因は?認知症の主な原因疾患の割合と症状、治療法は?

経済的に困窮しやすい

若年性認知症を発症すると、仕事の継続が困難になり、サラリーマンや自営業の人は収入減が断たれてしまいます。

共働き家庭では収入が半減しますが、若年性認知症の人が他の家族を扶養していた家庭ではより深刻な状況となります。

若年性認知症に気づくためのチェックポイント

若年性認知症は、高齢者の認知症や他の病気と同じで、早い時期に症状に気づいて病院を受診し、早い時期に的確な診断を受け、早い時期に治療を受け始めることが大切です。

若年性認知症に気づくために、日常生活においてチェックしておきたいポイントは、以下のとおりです。

  • 予定や約束を忘れやすくなった
  • 家族や職場の人と話がかみ合わないことが多くなった
  • 今日の年月日が思い出せなくなった
  • 迷子になることが多くなった
  • 同じ商品を何度も買うようになった
  • 人の話を理解するのが難しくなった
  • 仕事や家事の段取りが遅くなった
  • 仕事や家事で失敗が増えた
  • 以前できていたことができなくなった
  • やる気が起きないことが多くなった

いずれも、忙しい生活を送っていると気に留めず見過ごしてしまいがちです。

特に、発症している本人は気づきにくいので、家族や周囲の人が気づいて支援してあげることが大切です。

若年性認知症の診断

若年性認知症の診断は、高齢者の診断と同じく、医師による問診(家族からの聞き取りを含む)、身体検査、脳検査、脳画像診断検査、心理テスト(認知機能テスト)などん結果を総合して行われます。

日本において使用されている若年性認知症の診断基準は、以下のとおりです。

  • DSM‐5(精神疾患の診断・統計マニュアル第5版/米国精神医学会)
  • ICD-10(国際疾病分類第10版/世界保健機関)
  • NIA‐AA(National Institute on Aging-Alzheimer s Association)

告知について

若年性認知症の人は、はっきりした病識はなくても「何となくおかしい」という不安や焦りを感じており、心が不安定になっています。

こうした状態で認知症だと告知することにより、心に深刻なダメージを受けて落ち込み、うつなどの精神症状が現れることがあります。

一方で、本人と家族、医師、介護職などが治療や介護・ケアについて話し合い、できる限り本人の希望に沿った対応ができます。

そのため、認知症だと本人に告知する場合は、伝え方やその後の対応について慎重に検討する必要があります。

認知症の治療

若年性認知症の根治療法は見つかっておらず、症状の進行を遅らせたり、日常生活の支障を和らげたりすることが治療の目的となります。

基本的には、認知症の薬を用いた薬物療法と非薬物療法(リハビリテーション療法)を組み合わせ、中核症状の進行を遅らせるとともに、周辺症状の改善を目指すことになります。

若年性認知症と診断された後の対応

若年性認知症と診断された後は、認知症の種類や症状に応じた治療を開始するとともに、今後の生活について考え、対応していく必要があります。

相談機関の検索

働いて家族を扶養していた人が若年性認知症を発症して仕事を続けられなくなると、経済的に立ち行かなくなり、日々の生活費、子どもの養育費、老後の備えなどをすべて見直す必要に迫られます。

また、家族には本人の介護の負担が重くのしかかります。

家族の関係性も変化し、本人を含めて家族一人ひとりがそれを受け入れていかなくてはなりません。

これらのことに家族だけで対応するのはとても困難で、家庭崩壊や本人への虐待などに繋がってしまうこともあります。

そのため、本人の介護・ケアや経済的な問題などについて相談できる機関を探しておくことが大切になります。

まずは、住んでいる地域の市区町村の窓口や地域包括支援センターを訪問し、相談してみましょう。

介護方針の検討

本人の理解力や判断力が残っている場合は、医師や介護職を交えて本人とよく話し合い、できる限り本人の希望に沿った介護・ケアが実現できるよう検討します。

脳血管性認知症やアルコール性認知症については、バランスの良い食事や適度な運動などによって生活習慣を改善し、再発防止に努めることが大切になります。

記憶障害や見当識障害への対応としては、目立つ位置にカレンダーを貼って予定を大きな文字で書き込む、お薬カレンダーで薬の飲み忘れを防ぐ、目立つ位置に時計を設置して一日に何度も確認するなどの対応を検討します。

徘徊が見られる場合は、本人の衣類や持ち物に名前や緊急連絡先を書いておく、GPSを利用するなど、本人が徘徊しても帰宅できるような方法を考えます。

障害年金の受給申請

認知症は、障害年金の支給対象疾患です。

日常生活における支障の程度など、日本年金機能の定める基準を満たすことで、障害年金を受給することができます。

運転免許の返納

自動車の運転には、高度な認知機能が要求されます。

若年性認知症と診断された後も運転を続ける人がいますが、交通事故や交通違反のリスクが高くなるため、認知症の専門医や警察、地域包括支援センターなどに相談し、家族から運転を止めることや運転免許の返納を促しましょう。

なお、2017年3月の道路交通法改正によって運転免許制度が変わり、75歳以上の運転免許更新や、一定の違反行為があった場合の対応が厳格化されています。

関連記事

免許更新時の認知機能検査のテスト内容と採点方法は?点数が低いと高齢者講習?

若年性認知症と成年後見制度

若年性認知症を発症すると、本人が自身の財産管理や身上監護を行うことが困難になるため、家族やその他の人が本人を支援する必要が生じます。

成年後見制度とは、精神上の障害で判断能力が低下した人に後見人を選任し、本人の財産管理や身上監護を代わりに行わせることで財産や権利を保護する制度です。

後見人による本人財産の使い込みや後見人に対する報酬の発生など課題が残る制度ではありますが、判断能力が低下した本人の保護に有用なところも多く、本人の支援のために選択肢の一つとして検討することはできる制度です。

関連記事

成年後見制度とは?法定後見と任意後見の内容、離婚で利用する場合は?

スポンサーリンク

アバター

離婚ハンドブック編集部

投稿者プロフィール

家事事件(離婚、遺産分割、成年後見など)を専門に取り扱って11年になります。
これまでの実務経験から、当事者自身が離婚に関する知識を得て、自分で考えて判断することが「後悔の少ない離婚」につながるという考えており、その考えに基づいて「離婚ハンドブック」を運営しています。
サイト上では詳細なプロフィールは明かしておらず、仕事の依頼も受けていません。

この著者の最新の記事

離婚調停
シングルマザー

読まれている記事

  1. 離婚調停 弁護士

    離婚調停に弁護士は必要?メリット・デメリット、選び方と費用も解説

  2. 婚姻費用分担審判 確定 即時抗告 不服申立て

    婚姻費用分担審判の流れと期間は?即時抗告の流れと審判結果の確定時期

  3. 離婚届

    離婚届のダウンロードと書き方は?コンビニ印刷と書き方の見本は?

  4. 離婚調停 相手方 準備

    離婚調停を申し立てられた相手方が調停第1回期日までに準備すること

  5. 離婚協議書 公正証書

    離婚協議書の書き方サンプル~自分で作成して公正証書にするまで~

  6. 離婚調停 期間 流れ 費用

    離婚調停とは?期間・流れ・費用から弁護士の要否までまとめて解説

  7. 別居 離婚

    離婚前に別居する方法と生活費や住民票は?児童扶養手当は受給できる?

  8. 専業主婦 離婚 準備

    専業主婦の離婚準備:仕事と生活費、子どもの親権、年金のことなど

  9. 離婚裁判 流れ

    離婚裁判の流れ:訴訟管轄から費用、期間、控訴、確定までを解説

  10. 養育費 強制執行 手続き 流れ

    養育費の強制執行手続きの流れと費用は?給与債権差押えの特例とは?

ピックアップ記事

  1. DV 離婚
  2. カサンドラ症候群 離婚
  3. アルコール依存症
  4. 子どもの障害 離婚
  5. 離婚 効果 戸籍 氏 姻族関係
  6. 熟年離婚 準備 離婚届
  7. セックスレス 離婚
  8. 借金 離婚
ページ上部へ戻る